ムラヴィンスキーのブラ2。2018/06/17 04:51:46

何度か書いた気がするけど、ブラームスの交響曲では2番が一番好き。
終楽章のコーダ、アクセル全開のやつも良いし、悠然としてるのも良い。
要は「曲」が好きなんだろう。
演奏うんぬんの前に。

「曲自体」が良いと、よほど酷い演奏でもない限り嫌にならない。
反対に「演奏次第」の曲もある。
例えば、チャイコフスキーなら前者が4番、後者が5番。
この話は色々言いたいけどいずれまた。

さて。
ブラ2は断然前者だと思います。

ムラヴィンスキー/レニングラードpo.
1978/04/29 @レニングラード
1977/09/27 @東京文化会館

どっちもライブ録音。
前者は久しぶりに、後者は初聴き。
スコア見ながら聴き比べしたんだけど、前者はもっとひんやりしてたイメージ(このコンビの「未完成」とか「ベト4」みたいな)あったけどそうでもなかった。
むしろあたたかい。このコンビにしては意外かも。

日本ライブの方が心持ち「熱い」かな、って印象はあるけど、こちらも丁寧かつ安定した進行。
終楽章もそんなにぶっ飛ばさないし、

まあどっちも金管の轟音なんかはいかにもロシアオケ、って地金が出てちょっと笑えるんですが(笑)。
特に日本ライブはALTUSの好み(?)なのかダイナミックレンジがめちゃくちゃ広くて、最弱音に合わせるとfffでびっくりする。
あとちょっと録音が膝上レベルかなぁ。

レニングラードの方が録音はすっきり。見通しがいい。
ただいささか「お化粧」され過ぎた感あって、これはもう一長一短。

どちらも「ブラ2」代表盤、とは言えないだろうけど、ブラ2好きとしては十二分に満足いくもの。
アポロン的な解釈もデュオニソス的な解釈もできるのがこの曲の魅力だとすれば、まさにその真ん中でありつつも退屈ではない。
それって改めて考えると簡単なことじゃあないよね。

あ、一つだけ不満。
1楽章繰り返さないのはNG!w
あの「D-C-D」のモチーフをもう一度聴くのが好きなので。

なんか調べるとこれもALTUSから出てる、ウィーンでの同コンビの同曲演奏が「一番良い!」と言ってる人が多くてちょっと困ってる(苦笑)。

ムラヴィンスキーの誕生日。2018/06/04 22:58:16

今日、6月4日だそうです。
そう言えば先月3日に私もひとつ年をとりました(笑)。

ブログ再開した理由のひとつに

「ミチョランマを減らす(ための意識づけ)」

てのがあったのですが(と言いつつ書くの4カ月ぶりやけど。苦笑)、どうせなら企画っぽくやろうと思ってまして、その第一弾が

「ムラヴィンスキーの2つあるボックスを聴いていく」

です。

昔ヤフオクで落とした「ムラヴィンスキーエディション1-10」(画像右)と、タワレコで発売直後即ポチったAltusのステレオライブ録音集成(画像左)。

どっちも一部ダブり持ってたけどね!w

割と王道レパートリーゆえ、結構同曲異演多い。
チャイ5とか未完成とかブラームスの2番とか。
まあ聴き比べの楽しみもあるよね、てことで。
ただ前者は10枚、後者は12枚なのでそこは上手くやります(笑)。

録音データ見ると、どうやらブルックナーの9番だけは同じ演奏っぽい。
まあこれはレーベルの違いを楽しむべきか?(苦笑)

というわけでのんびり始めます。
言うて合間に関係ないエントリ挟むかもしれませんが(爆)。

追記。
アサブロ画像1枚しか貼れないからわざわざ合成した。
めんどくさ。

どの面下げて……? しれっと復活。2018/02/03 03:05:04

お 久 し ぶ り で す ( 真 顔 ) 。

事実上、約5年半ぶりのエントリ。
再開にさしたる理由はありません。
あるけど(あるんかい)。

Twitterみてる人はご承知の通り、クラヲタ全然辞めてませんw
他の趣味も多いけど。
最近は頻度下がってるけどアイドルちゃん。
The Yellow Monkey、飲み活、そして最近は観劇!

観劇のあとアメブロに覚え書きブワーッて書いてるんですけど、この感じって懐かしいな、と思ったんですね。
「あれか。クラヲタ時のレビューやわ。しかも初期の」
て。

難しいこと考え(すぎ)ない。
勢いと熱量。
まあ書くのは好きなので。

こっちも再開したくなったんです。
まあTwitterの転記(まとめ)でもええやん、くらいのノリ。
というわけで過去の下書きのままのエントリ公開しまくりました。
今みると「別にこのままでいいんじゃね」って思う。
詳しく書きたきゃまた書けばいいんだし。
別に誰が見るわけでもないし。

ここ数年のクラヲタ的諸々。
・アリスたんは定期的に行ってます。特にソロは。コンチェルトはサボってる時もあるけど。そのうち今まで行ったやつまとめとこ。
・今年は在京オケになるべく行きたい。安いんやもん。こないだもミョンフンと東フィル行った。幻想交響曲最高。
・音盤は控え気味。あまりのミチョランマに引いてる。
・図書館で持ってない(そして買うほどではない食指が動かない)音盤を借り倒してリッピングするのにはまってる。おかげで上記未聴盤の消化が進まない(涙)
・月一の「読響シンフォニックライブ」が楽しみ。まあ松井咲子さんが司会してるからってのも大きいけど(爆)

まあこの3番目のミチョランマ消化を進めるモチベーションも、これを再開した理由のひとつ。
重荷にならない程度に「書く」ことで意識付けをはかるってやつ?

ボックスの「並行聴き」みたいなのやろうかと思ってます。
ひとつを消化!って意気込むとしんどいから。
まずはムラヴィンスキーの箱二つからやっていくかなー。

まあ、言うて変更するかもしれませんが。
きままに。
合間合間に単発消化もしたいしね。

というわけで、生暖かくおつきあいを。
……多分今回はお休みしないw

まあ、最低月一エントリくらいの緩さで(防御線)。

狩猟日記2014/07/03 00:24:13

もう時系列めちゃくちゃ。
酷さ含め晒すw

<2014年>
0114 CD10枚組 ニューヨーク・フィル自主制作
0406 ジュリーニ・イン・ウィーン
0410 The Symphonies - Beethoven, Brahms, Bruckner ヨッフム
0415 Carlo Maria Giulini - The Complete Sony Recordings
0423 バーンスタインの指揮する同時代の音楽
0513 ベッティネッリ作品集(バーンスタイン、ムーティ他)
0519 ベートーヴェン:交響曲全集他 DVD (バーンスタイン/WPO)
0612 シューマン:交響曲第1番「春」(バーンスタイン/NYP)、ブラームス:交響曲第2番(バーンスタイン/WPO) → 以上青盤

<2013年>
0227 シベリウス:交響曲全集(渡邉/日フィル)、トスカニーニ・HMV録音集、シルヴェストリ・EMI録音集

0302 バーンスタインconductsバーンスタイン DVD(バーンスタイン/BRSOほか)

0303 ブラームス:交響曲第2番(山田一雄/新日フィル)、チャイコフスキー:交響曲第5番&プロコフィエフ:交響曲第7番(山田一雄/日フィル)

0316 オーマンディ・20世紀オーケストラ作品集、ミルシテイン・キャピトル&EMI録音集

0408 ブラームス:交響曲第2番(バーンスタイン/WPO)、ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」(バーンスタイン/WPO)
 → 以上青盤

0428 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(ケンペ、ケンペン/BPO)、クリップス・デッカ名演集、ベートーヴェン:交響曲全集(ブリュッヘン/18世紀o.)

<2012年>
1020 ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」&シューベルト:ピアノソナタ第17番(アリス=紗良・オット)、チャイコフスキー:マンフレッド交響曲。組曲第2~4番(MTT/LSO)

1028 レスピーギ:ローマ3部作ほか(オーマンディ/PhO)、ラフマニノフ:交響曲全集&交響的舞曲(オーマンディ/PhO)、オーマンディ・コンダクツ・シベリウス(オーマンディ/PhO)

1218 ロマン派交響曲集、序曲集(クレンペラー/PO)、ワーグナー:ニーベルングの指環(マゼールによる管弦楽編 マゼール/BPO、ブルーレイ)

1222 シューマン:交響曲第2&4番(レニー/VPO、NYP)  → 青盤

狩猟日記120728~312012/07/29 02:21:13

0728 チャイコフスキー:交響曲全集(スヴェトラーノフ/ロシア国立so.)
ぶっちゃけ「小ロシア」「マンフレッド」のための買い直しw
スヴェトラーノフ・小品集

0731 レニーDVD……を買ったはず(苦笑)。