ミチョランマ踏破は一歩ずつ/ピアソラ、CM音楽、ジュリーニ。2019/10/15 00:30:31

土曜日の台風で外仕事が飛び、図らずもその日から3連休になった。
シフト勤務なので、2連休はたまにあっても3連休以上なんて夏休みか冬休みくらいしかない。

不幸中の幸い、という言い方が適切かどうかは分からないけど、(特に土曜は)外に出るわけにも行かないので家で作業が色々と捗った。

日曜の夜。
ミチョランマの山に埋もれていた、「ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ」を聴いた。
買ったことすら忘れていた(苦笑)。

ピアソラはリベルタンゴしか知らない無知な身だが、どれも聴きやすかった。
「フガータ」と「タンゴ組曲」のアレグロが気に入った。

しかしこのアルバム、もう20年以上前になるのか……。
サントリーローヤルのCMで見たの(聴いたの?)、数年前とは言わないまでも、10年くらい前のような気がしてた。
時の経つ速さに震える。

CMと言えば、

・アロンアルファ:割れたレコードを再現するやつで流れるチェロの独奏曲
・ハーゲンダッツ:土俗的なバレエ音楽風の曲

がずっと何なのか分からなくてモヤモヤしたまま人生を送ってる。
後者はCMオリジナルの可能性も高いけど、前者は多分クラシックなんだよな……。

今ならググればすぐ分かるんだけど、なにせ時代が時代。
どちらも20年以上前。

ちなみに25年以上前の「ビートたけしのつくり方」というバラエティの1コーナーに「大家族主義」というミニドラマがあって、そのテーマ曲がモーツァルト風の軽快な楽曲だったけど、観ている当時は知らない曲だった。

それがその数年後に買ったCDに偶然入ってた。
フォーレの歌劇「ペネロープ」前奏曲だった。
全然モーツァルトじゃあない(苦笑)。
そんな偶然もあるので、上のふたつにもいつか出会えるのではと期待している。

翌月曜は連休の締めに、ジュリーニが指揮するフォーレのレクイエム、ラヴェルのマ・メール・ロワを聴いた。

前者のサンクトゥスにあふれる歌心。
後者の緻密でありながらせせこましくなく、むしろゆとりをもって聞こえてくる音像。
特に終曲「妖精の園」の余裕に満ちた締めくくり。

そういったジュリーニの歌心や緻密さの魅力に気づたのは、オッサンになってからだなぁ……。
若いときはもっと「渋い」だけの人と思ってたきらいがある。

ちなみにジュリーニ、VPOボックスとソニーボックスを買ってるのに(当然?)ミチョランマ。
これもいつかは手を付けないとね……。

ただ、何となくこの2日で「聴きぐせ」ついてきてるの良い気がする。
少しずつでも。
とにかく色んなやり方で、まずはミチョランマを減らしていきたいものです。

まだブラ2しかしてない、ムラヴィンスキーのボックス企画もちゃんとやりますよ?(笑)。
多分次はワグナー聴き比べ。
まあ、ぼちぼちと。

牛牛(ニュウニュウ)@浜離宮朝日ホール2019/07/17 22:26:38

6月26日の夜。

奥方がハマってるアニメ「ピアノの森」に出てくる中国人ピアニスト、パン・ウェイの演奏を担当しているピアニスト。

奥方が行きたい、とのことでじゃあせっかくだからお供すっか、と同行(箱が職場近くだから仕事後に行ったけど)。
アリス以外のピアニスト聴くとかいつ以来かしら。

曲は
メンデルスゾーン:ロンドカプリチオーソ
ショパン:即興曲第2番、第3番
同:ピアノソナタ第2番

ショパン:舟歌
リスト:ウィーンの夜会
シューベルト:即興曲第2番、第3番、第4番
ショパン:スケルツォ第3番

アンコールはショパンの革命、ワルツ遺作、リストのカンパネラ。

演奏は全体にかっちりしているというか、あまり即興性を感じさせないタイプ。
ソナタやスケルツォ、悪くはないんだけど平均点というか優等生というか……。

ただ、それなのに妙にオーバーアクションなんだよなぁ。
演奏の始めとか終わりとか特に。
空いてる片手で指揮してるみたいな振り(?)とか。

まあ自然と出てるのかもしれないけど、あまり好きじゃあない(苦笑)。
エキセントリックな演奏するタイプならまだ分かるんやけどね。
目につくというか鼻につく(苦笑)。

個人的にはショパンよりリストとシューベルトがハマった。
特に「ウィーンの夜会」は上記した「振り」も曲の粋というか、風雅にマッチしててOK。
演奏もインティメイトで好感。

続くシューベルトの即興曲も、ショパンより劇性を見せてくれてなかなかの熱演。
シューベルトのソナタみたいな内省的な曲が合うかどうかは難しいところだとは思うけど……。

アンコールはサービスし過ぎ(笑)。
革命に鐘とか、やり過ぎやんw

ワルツ遺作はそれまでとは打って変わってしっとりと、それでいて主情を滲ませてて佳演。

この感じでソナタも弾いて欲しかった、てのはアンコールあるあるか(苦笑)。

まだ22歳とのことなので今後に期待。
あのオーバーアクションも、コンチェルトとかならハマるのかなー。

……アリスたんに比べて辛口だなーw

「私は、マリア・カラス」/「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」2019/06/09 23:22:44

しれっと4カ月も前のこと書きます。
相変わらずダメダメですね。

2月4日。
早起きした(してしまった?)ので仕事前に渋谷立ち寄り。
滑り込みで「私は、マリア・カラス」観てきた。

「Bunkamuraラ・シネマ」に行ったのは多分初めて。
渋谷とは言え朝イチだから空いてると思ったら……朝の回、ご老体多すぎ……(苦笑)。

インタビュー映像使いつつも割と淡々とした演出。
中盤以降はオナシスとの関係にフィーチャー。
少し眠くなって意識飛んだ(苦笑)。

ただローマでの公演中止とか離婚騒動について聞かれてキレ気味なカラスがそのまま映しだされているのは興味深かった。
映画撮影のオフショットとか、カムバック公演の映像も良かった。

そういやぁステファノとの関係は全然触れられてなかったね(苦笑)。
MET支配人とのトラブルでブチ切れする映像は迫力満点!(笑)

音楽映画としては「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」の方がいいけれど(今作にも一部映像あった)、矛盾や葛藤を抱えた一女性を描いた作としては良きだなー。

ソプラノ歌手としてはヤノヴィッツが一番「好き」なんだけど、やっぱりカラスは別格。
それこそ歌わずに「立ってるだけでも」マリア・カラス!

ちなみに「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」観たのは2017年11月14日。
地元のホールで。
当時のツイッターから拾うと、以下のような感じ。

1958年パリ・オペラ座デビューの映像。
歌が素晴らしいのは当然で(今となっては些か古めかしいとしても)、やはりカラスは「演技」が上手いと痛感。
目線の使い方とか特に。

前半はノルマ、トロヴァトーレ、セビリアの理髪師から1、2曲ずつ。
後半はトスカの2幕。
前半は同じドレスなのに、ちょっとした仕草とかで役柄を「見せる」の素晴らしい。
「今の歌声は」のロジーナ、可愛く見えたもんね(笑)。

溜めない。2019/01/22 01:07:31

あけましておめでとうございます(遅)。
ツイッターにも書いたんですが今年の目標は
「溜めない」
です。
……お金は溜めたいですが。

「モヤモヤした気持ち」とか、「やるべきこと」みたいな大きな括りもありますが、まあミチョランマや積ん読を減らす、てのも当然あるわけで。

防音室にこもってがっつり、も大事ですが、とにかく先ずは聴こうやん?てことです。
というわけで今日は3枚聴いた。

・シューマン:幻想小曲集、幻想曲(ブレンデル)
・メンデルスゾーン:ピアノソナタ第1番ほか(ぺライア)
・ムソルグスキー:展覧会の絵、はげ山の一夜(デイヴィス/ACO)

ブレンデルのシューマンは普通。
というか「飛翔」が激しくない奴はつまらん(笑)。

ぺライアのはなかなか。
そんな同曲異演をたくさん揃えるようなレパートリーではないだけに、この「曲がよくわかる」演奏は好ましい。
「厳格な変奏曲」が入ってるのも推せる。

意外な当たりはデイヴィス。
「展覧会の絵」は効果を狙わない感じで、序盤こそ物足りないんやけど、尻上がりに熱を帯びていく。
とは言えやっぱり外連味とかはないから、最後のキエフでもまるで絶対音楽みたいに聞こえる。

「展覧会」の代表盤としてオススメできるか、と言えば?かもだけど、個人的にはしっかり聴けたし、決して「つまらない」ことはないかと。

面白かったのは「はげ山」。
展覧会とは違って、結構鳴らすし派手なアプローチ。
悪くない(笑)。

……よく考えたらブログ書くのを溜めない!もあるね!

アリス=紗良・オット@初台オペラシティ2018/11/27 01:01:58

2カ月近く前ですが……ブログ書き癖(?)つけるためにも、と思い書く。

9月27日、初台オペラシティ。
随分久しぶり(多分前のソロツアー以来?)に、アリス=紗良・オットのコンサート。
大好きなピアニストと言いつつ、2年ぶりかぁ。

新譜「ナイトフォール」発売に伴うこともあり、フレンチ中心のプログラム。
リストやショパンに定評のある彼女なので、フレンチはどうかな?と思いつつやったけど、結果的には最高やった。

前半はベルガマスク組曲、ショパンのノクターン(1・2・13番)とバラード1番。
休憩挟んだ後半はドビュッシーの「夢想」、サティ小品(グノシエンヌ1、ジムノペディ1、グノシエンヌ3)と夜のガスパール……という3つのくくりで構成されていた。
いつも以上にほの暗いライティング含め、まさに夢想が次々展開していく感じ。

しかし毎度安定のスロースターター(苦笑)。
ベルガマスク組曲は少々硬さあるというか、透明感欠けるかなぁ、なんて思ったり。
一番好きな「パスピエ」こそ躍動感あったけど。
まぁこの曲はどうしてもフランソワの名演と比べてしまうからな……(クラヲタめんどくさいあるあるw)。

ショパンのターンはさすがのファンタジー炸裂。
ノクターン2番の、弾き崩しギリギリで踏みとどまるアゴーギク、バラード終盤の追い込み。
この固まりをひとつの「物語」として提示しているのが、曲間を殆ど開けずに進めたことからも伝わってきた。
聴いてるこっちも集中してヘトヘトw
てかバラードCD早く出してよ(笑)。

休憩後のターンは更に素晴らしかった。サティの艶っぽさ、蠱惑感(それが必要なのかという声はさておき)。
その陶酔から醒めさせず、ショパンの時と同じくほぼ「ひと続き」で始まるラヴェル。
夜のガスパールと言えばアルゲリッチの名盤が個人的には好きやけど、遜色ないし……何よりやっぱ生は良い!

3曲の描き分け、そしてスカルボの熱演。客席も息をのむのが伝わってきた。
そして彼女が弾き終えたあと、フラブラも拍手もなく、しばし余韻を皆で共有してから大喝采。あれはグッときたなぁ。
……女性に「ブラボー」って言うのは何だかなぁとは思うけど(クラヲタめんどくさいその2。苦笑)

ツアーラストってことや、お父様のアレもあったのかな? 終演後感極まってた彼女の姿にこちらも涙。
アンコールは予想通り(アルバム曲で唯一プログラムに乗ってなかったから)、亡き王女のためのパヴァーヌ。
フレンチお得意な先達とは少し違えど、煌めきの中に名残惜しさが見えるような?「残心」的な引き取り方が印象的。

余談。
サイン会無くて残念w そのまま帰国(と書くのが彼女の場合適切か悩む……)したからかな。
あと今回今までになくチケ取るの苦労して、嬉しい驚きの半面、次回から気をつけねばと思った次第。
数年前から拝聴拝見してるけど、プレイガイド完売、当券無しとか初やったんちゃうかなぁ。

備忘録。
過去のアリスコンサート行った記録。
やっぱり今回過去最大間隔空いてるね。
年一は行かねば。

20180927 初台オペラシティ
20160930 初台オペラシティ
20150519 初台オペラシティ
20140624 すみだトリフォニーホール(トリスターノとのデュオ)
20140610 杉並公会堂
20140312 池袋芸術劇場(グリーグ・コンチェルト)
20120608 東京文化会館 (リスト・コンチェルト)
20110112 初台オペラシティ
20110106 サントリーホール(リスト・コンチェルト)
20100919 池袋芸術劇場(チャイコ・コンチェルト)