通勤ミュージック~0903022009/03/02 02:56:40

カラヤン&BPOのMemories盤のベートーヴェン交響曲全集。
最終回は田園と5番。
終わりよければ……というわけでもないけれど、今までの盤に比べれば録音もマシだし、色々興味深い点も多かった。

田園。
さらさらと進んでいく1楽章。
濃厚な味わいこそないけれど、春風のような爽やかさが吹き抜ける。
2楽章はその空気を更に推し進める。
「歌わない」もどかしさはあるけれど、恐らくそういったモノを志向していないのだろうから、それはそれでやり切っているとも言える。
残念なのは3・4楽章。
もっとBPOの合奏力をフル稼働して鳴らしまくるのかと思いきや、フニャッと力の抜けた感じでやや物足りない。
終楽章は1・2楽章と同様の造形だけど、最後の最後で一瞬名残惜しげに幕を引くところが心憎い。

5番。
88年録音ということもあり、音はこの盤が一番クリア。
BPOの機動力が全開しているし、晩年でも衰えを見せないカラヤンの掌握力には感心しきり。

このブログのテーマでもある「Per aspera ad astra.(苦難を乗り越えて栄光へ) 」が本来ぴったりのこの曲。
カラヤンはその流れを強調することより、まるで音の構築物であるかの如く、この曲をさばく方を優先する。

絶対音楽としての1楽章「アレグロ・コン・ブリオ」。
深み、とか精神性を敢えて拒絶するかの如く、ひたすらに鳴りまくる楽器たち。
だからこそ、展開部冒頭のHr.の少し時代がかった見栄切りさえも、とにかく「カッコイイ」。
1楽章が鮮烈すぎて、中間楽章の印象がやや薄いけど、あまり煽らずにずっしりと盛り上げていく終楽章は、重戦車のような迫力があってなかなかの聞き物。

個人的にはフルトヴェングラーのように、自己をこの曲に投影し、色濃く劇性を強調する演奏が好きだけど、カラヤンのスタイルも、ここまで透徹されていれば文句の付けようがない。

クライバーの演奏に近いかもしれないけど、クライバーは滴るようなしなやかさと発火するような激しさを、もっとうまく溶け合わせている感じがする。
その意味ではカラヤンにはまだ「巨匠」の時代の残滓、があるのかも(上記のホルンの見栄切りとか)。

通勤ミュージック~0903042009/03/04 23:18:41

*ツェムリンスキー:叙情交響曲(マゼール/BPO、ヴァラディ<S>、フィッシャー=ディースカウ<Br>)

大学時代のゼミに、ツェムリンスキー好きな先輩がいて、しかもこの音盤を借りたのが初体験のはずなのだが……実に約15年ぶりに聴いたけど、全く記憶にない。(爆

というわけで、実質「マイ初演」と言っても差し支えないかな。
曲の背景やテキストは一応頭に入れた上で聴いたのだけど、何せ比較対象がないので、あまり大したことは書けない。

マーラーの「大地の歌」を下敷きにしているのは、確かにすごく伝わってくる。
でも、あの曲に吹き荒れる孤独と寂寥の嵐はここにはなくて、あるのはひたすら爛熟した響き。
色んな音楽語法がない交ぜになっていながら、決してグチャグチャにはなっていない(それはマゼールの音楽づくりの力によるところも大きいのかもしれないけど)。

1曲目の冒頭から鳴り渡る、オリエンタルな響きは、「大地」の中国趣味に比して、ちゃんとタゴールの「インド」しているのが何ともいえず良い。

相聞歌としてのテキストとはいえ、フィッシャー=ディースカウとヴァラディご夫婦(笑)は、その辺をあまり強調し過ぎることなく、どちらかと言えば知的にアプローチしている。

あちこち見てみると、シャイー盤やシノーポリ盤は、もう少しロマンティックよりに解釈しているらしいので、それはそれで聴いてみたいかも。

オーマンディの白鳥の湖。2009/03/07 19:20:20

オーマンディとPhOの「白鳥の湖」抜粋を久々に聴く。
RCA盤も持っているのだけど、今回はSONY盤。

収録曲はほとんど一緒。
RCA盤には「ナポリの踊り」があるのが一番大きな違い。
あと強いて言えば、SONY盤の方がややテンポ速めでエッジの立った感じで、RCA盤の方が芳醇というかまろやか。
これはレーベルの録音づくりの差異に起因するところも大きいかもしれないけど。

完全に好みだけで言えば、SONY盤の方をわずかながら上位に置きたい。
「ナポリの踊り」がないのは確かに残念だけど、上記した「エッジ感」が特にこの曲(3大バレエの中では)にフィットしているので。
特に「終幕の情景」にそれが顕著。
この曲、大好きなんだよなぁ。
ベタと言われようとも、Tp.が長調で「白鳥の主題」を吹き鳴らす瞬間には、いつも心がジンジンしてしまう……(RCA盤は、ここでちょっとオチちゃってるのが残念! もちろん些細な傷だし、むしろ録り直していないことこそ素晴らしいけど。その意味でもSONY盤の劇性は最高!)。

ていうか、実はこれだけ共に素晴らしい録音&演奏を、ほんの少しの聴き手(=自分)のその時の気分や指向の差で選べるということこそ、この上もない贅沢だよな……。

どちらの盤もオーマンディらしいグランドマナーで、オケをたっぷりと鳴らして、「バレエ」というより、ひと続きの「交響組曲」でもあるような音楽作りになっているのが特徴。
それは「眠りの森の美女」なんかでもそうなんだけど、「白鳥」では、さらにその音楽作りがマッチしていて、もっと煽ったりどぎつくする人も多い「各国の踊り」でさえもじっくりと腰を据える。
そして逆に、「第1幕の情景」や「終幕の情景」のような曲ではキビキビと「ドラマ」をくっきりと描いてくれるのが心地よい。

しかし、この「抜粋」て、昨今(特にこのCD時代では)流行りではないのかもしれないけれど、オペラや声楽曲はともかく、バレエに関してはもっとあってもいいんじゃないかなぁと思う。
組曲じゃ物足りない、全曲じゃ重い(&ちょっと退屈)というリスナーは潜在的に少なくないと思うんだけどな。
それに、その「選ぶ」過程に、そのアーティストのセンスみたいなものが問われる点も見どころ(聴きどころ?)だし。
チャイコフスキーの3大バレエはもちろん。プロコフィエフの「ロメジュリ」、ハチャトリアンの「ガイーヌ」、ドリーブの「コッペリア」……。
逆にCD時代だからこそ、ちょうど70分くらいでエッセンスをうまく入れることってできるんじゃないかなぁ。

追記。
オーマンディの3大バレエ「抜粋」は「くるみ割り人形」だけまだ持ってない。
Tp.が美しく奏でる「雪のワルツ」や最後の弦をオクターブ上げる「花のワルツ」……と、レビューや紹介を読むと、もうチャイコフスキー好きには垂涎ものなんですけど。(苦笑
まあゆっくり、でも確実に捕獲するとするか。

レニーの「小ロシア」!!2009/03/09 23:23:49

久しぶりにレニー/NYPでチャイコフスキーの交響曲1・2番を聴く。

1番は大柄だけど、もう少し雰囲気あればなぁ。
あと、終楽章が意外に大人しいんだよな……。
なんて思い出しつつ聴いていた。

その後の2番。

何 じ ゃ こ り ゃ ぁ !

なんてスコーンと抜けまくった快演!!

1楽章の疾走感! とにかく脇目もふらずにグイグイと進んでいく、多少の荒っぽさがむしろ土俗的でたまらぬー。

2楽章も緩徐楽章の性格より、行進曲の一面を強調。
(この楽章、元はオペラ「ウンディーネ」の結婚行進曲)
ピチピチと跳ね回る管打。
弦の刻みや歌も、まるで鼻歌まじりで楽し過ぎる。

スケルツォが爽快なのは当然で、終楽章がもう乱痴気騒ぎなのは期待通り!
序奏の後、待ちきれずにまるでフライングのように駆け出す「鶴」の主題。
後はひたすらオケを煽りまくって、ホントにあっという間に終結。
第2主題があったことすら忘れるくらい。(苦笑

ていうか、こんな愉しい音盤を忘れてた自分が恥ずかしいよ。(汗
しかもレニーで。しかもチャイコフスキーで。(滝汗
レニー/NYPらしい、という意味では「新世界」とタメ張れるな。

ある意味、犯罪的なまでに気持ちいい。
これがもしライヴだったら、フライング拍手許すな。(笑

いやあ夜中なのに、まだ寒いのに。
聴いてるこっちも、めっちゃ汗かいた!

通勤ミュージック~0903112009/03/11 03:30:24

*グレツキ:交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」(ジンマン/ロンドン・シンフォニエッタ、アップショウ(S))

この曲(しかもこの音盤)、ちょうど学生時代に爆発的ヒットになった記憶がある。
ただ、当時は(今も?苦笑)そういった物に刃向かう天の邪鬼な立ち位置こそ良しと思っていた節があって、気付くとここまで聴かずにきた。

……てわけでマイ初演。(苦笑

イギリス(だったっけ?)のラジオで流れたことでヒットの兆しとなった2楽章は、確かにメロディーも素直で、一番心に入って来やすいけれど、個人的にはむしろ両端楽章に惹かれた。

長大な1楽章。
1本の低弦が、気付けばいつ果てるともしれないカノンになり、それが少しずつ音のひだとなって、気付けばその中に巻き込まれていく。
しかしそれもまた、今度は逆にカノンが減っていき、1本の低弦が消えていく。
単純な構成だからこそ、惻々と伝わってくる空気。

一聴すると、まるで詩の美しい朗唱のような終楽章。
しかしその背後に流れる、余りに重く苦しい現実。
「わたしの愛しい息子はどこへ行ってしまったの?」
きしむ和音や、凄絶な音響で現すのではなく、ただ深々と歌い語る。

ただひたすらに音の綾を紡いでいく、それゆえの力。
時に、大声で主張するより、静かに呟く方が説得力を増すことがあるのと同じ。

流行った当時は確か「癒し系」の流行や文脈の中で語られていた記憶があるけれど、それってとんでも無く筋違いではないか?

どれほど願っても、嘆いても。
現実に今なお、終わらぬ不幸の連鎖。
……何だかそんなことも考えた。

うーん、珍しく(?)ウェットだなぁ。
それだけ、この曲に「考えさせる」力があるということか。