通勤ミュージック~0903212009/03/21 01:47:34

*ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(リヒター/BRSO)

非常に独特な「ロマンティック」。
だけども異形ではない。
何とも不思議な演奏。

基本テンポは遅めなんだけど、所々でグッとアクセルを踏む箇所がある(特に両端楽章)。
だけど、それがフルトヴェングラーのように、濃厚な音のドラマを感じさせるものではない。
もちろんブルックナーの解釈としては、極めて独特の論理を感じさせる部類だとは思うけど、それが「くどさ」にはなっていない。

うまく言えないけど、この解釈が「リヒターの」自己主張なのではなく、リヒターの信じる「ブルックナーの」分析なのだからではないだろうか。
やっぱりブルックナーって、過剰な「オレオレ」が出ると絶対にくどくなる(ある意味マーラー以上に)。
理想的な演奏解釈は「自己投影」と「ブルックナーの音像の構築」がイコールなモノなんだろうけど(ボクにとってはそれが常にヨッフム)、まずは後者を優先すべき作曲家なんだと思う。

その意味では、この演奏はリヒターが「面白がって」や、「才気を弄んで」行ったモノでは決してなく、あくまで自分の信じる「ロマンティック」の姿を堅実に写し取ろうと努力した結果として出てきたのだろう。

その結果かどうか分からないけど、この曲の(通常演奏される)終楽章が、7番や8番の作曲後に行われた、言うなれば「後期」の形態を持っていることをすごく感じさせる演奏になっている。
多くの演奏では、事実としてはそう(=「後期の形態」)なのに、それを感じさせるものは余りない。
でもこのリヒターの音盤は、4楽章だけはっきりと音像や空気感が前3楽章と違って聞こえてくる。
それってすごい事だと思うんだけど。

解説書でも指摘されているように(金子建志氏の演奏分析は、さすがに素晴らしい)、フルオケを引っ張り切れていないところもあるけれど(やっぱり終結のフニャ感は若干悲しい)、そこを差し引いてもブルックナーや「ロマンティック」について色々と考えさせられる、という点ですごく「身になる」音盤だった。

コメント

_ 謙一 ― 2009/03/23 21:39:08

このCD期待しないで聴いたら、素晴らしいんですよ。
リヒターが、あのバッハだけかと思った男が!
いいなぁとしみじみ聴いてると、最後の一音で、にゃってなっちゃいますよね。あそこだけ、あそこだけなんですよね。
あれを含めて、リヒターのブルックナーなんでしょうけど。

ヴェルディのレクイエムも聴きごたえありますよ。(^O^)

_ みっふぃーまにあ ― 2009/03/23 22:35:12

to 謙一さん。

>このCD期待しないで聴いたら、素晴らしいんですよ。

いやホント、評判はHMVとかで見てたんですけど、半信半疑で聴いてみたらすごく刺激的でした。

>リヒターが、あのバッハだけかと思った男が!

本人は実際は色々したかった(していた)らしいですね。
レーベルの意向で録音こそバロックばっかですけど。
ワグナーとかもしてたらしいですし。
そう言えば、BPOとDGに残したハイドンは(まあ古典派ですけど)端正でいい演奏ですよね。

>いいなぁとしみじみ聴いてると、最後の一音で、にゃってなっちゃいますよね。あそこだけ、あそこだけなんですよね。
>あれを含めて、リヒターのブルックナーなんでしょうけど。

いやー、ホントそうなんですよ。
ほかの楽章の傷は、まあライヴだから、て思えるんですけど、あそこはさすがに辛い(現代なら間違いなく差し替え?)。

>ヴェルディのレクイエムも聴きごたえありますよ。(^O^)

やっぱそうですか。(汗
ちと気にはなってたんですよねー。
みっふぃーまにあ的「聴かねばリスト」入りがまた増えたな。(笑

_ たつ ― 2009/03/26 00:30:13

 うらやましいなー、ブルックナーが本当に分かるなんて!!

私は、テレビでの放映を聴いても分からないので、ヨッフムの全集(EMI)を買って4番、7番、8番、9番を聴いてみました。その他は聴いていません.........というより聴いても難しくて途中で聴くのをやめちゃいました。結果、聴いたのが4、7、8、9番というわけです。
この4曲は耳が受け付けてくれました。その中で8番は、第2楽章のハープがホルンや弦とかけ合いながら短い上昇する音楽を奏でるところは「とっても、きれい」ですね。特に第3楽章のハープの伴奏とともに「天国に私を連れて行ってくれる」とさへ思わせる上昇音を耳にすると、こんなに美しいもの(音楽)が、この世にあったんだ。と全身がシビレました。いや、音楽を超えた世界を体験しました。
これがブルックナーなんだと、全身がシビレ、何となく分かった気がしました。
しかし、それ以外は色彩感がない、香りがないように感じて、とても私には馴染めない気がしてなりません。8番の2・3楽章以外は私の感性不足で分かっていないですよ。

とても4番について、口を挟むなんておこがましいです。トホホ出る幕ではありませんでした。

_ みっふぃーまにあ ― 2009/03/27 03:04:32

to たつさん。

>うらやましいなー、ブルックナーが本当に分かるなんて!!

いえいえ、「分かる」なんて、とんでもない!(汗
何度か日記でも書いていますが、ボク、ブルックナー苦手ですよ。
とは言え、ヨッフムの演奏はすごく自分の中に入ってくる感じがします。

>ヨッフムの全集(EMI)

ボクも持っています!(ていうか全集のために買い直した)
でも初期の曲はまだ聴いてません。(汗

>その中で8番は、第2楽章のハープがホルンや弦とかけ合いながら短い上昇する音楽を奏でるところは「とっても、きれい」ですね。特に第3楽章のハープの伴奏とともに「天国に私を連れて行ってくれる」とさへ思わせる上昇音を耳にすると、こんなに美しいもの(音楽)が、この世にあったんだ。と全身がシビレました。いや、音楽を超えた世界を体験しました。

確かに8番の3楽章はこの世のものとは思われない魅力に溢れていますよね。
この曲に関して言えば、シューリヒト/VPOの演奏も大好きです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://unfinishedmelody.asablo.jp/blog/2009/03/20/4191662/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。