セル・ザルツブルクライブ19692020/01/02 17:31:41

明けましておめでとうございます。
去年は4回しか更新してませんでした(汗)。
3カ月に1回。
今年はせめて月一目指します。
……毎年言ってる気がするけど。

どうでもいいんですが今年で4回目の年男。
普通に生きたとしても人生の半分は終わってるわけです。

ミチョランマの山に呆れるというより勿体無いよなぁ、と感じて。
今年はツイッターでタグ #ミチョランマカウント つけて呟くことで可視化し、モチベ上げてこうかなぁと。
ブログがその度アップされるかは別の話ですけど(汗)。
そもそも音盤レビューに限らず書いてもいいんだけどね(何を今更)。

というわけで、まずは言葉より行動。
元日から始めました。

ベートーヴェン生誕250年記念だから、という訳ではないけど、セル/VPO、ギレリスのベートーヴェンプログラム。
ザルツブルク音楽祭1969。

噂に違わぬ凄まじい熱演。
ライブのセルはやっぱ違う。
この翌年が伝説の東京ライブですね(あれも素晴らしい一枚)。

もう初っ端のエグモント序曲から燃え燃え。
コーダの追い込み震える(セルの声めっちゃ聞こえる)。

第3コンチェルトも1楽章の序奏から前のめり。
ギレリスのピアノがまた良いんだよなぁ。
安定の硬質の打鍵を保ちつつ、それだけではなく、熱さと真水のような透明感の両方を感じさせる。
1楽章カデンツァの自在な羽ばたき!
2楽章の澄んだ空気!
セル/クリーブランドとのコンビで録音した同曲とは大違い。
終楽章のコーダの丁々発止、興奮する!
最後のブラボー、そりゃあそうでしょ!って感じ。

そして「運命」が掛け値無しに衝撃。
ここまでこの曲で震えたのってクライバーを初めて聴いた時以来かも。
手兵ではないウィーンフィルを相手にしているのに、アゴーギクの巧みさ……。
1楽章のラスト直前、ふっと手綱緩めてから一気に追い込むのなんて手に汗握る。

全楽章通じてホルンが常に物を言っているのが印象的。
その結果、変な例えかもだけど、楽曲が3Dで「見える」感じ。
スコアが立体になって耳に届くって言えばいいのかな。

当然3楽章のホルンの主張はめっちゃ強い。
1楽章再現部、第2主題前のファンファーレも当然ファゴットではなくホルンバリバリ。
まあこれは頷けるわな。

終楽章のトロンボーンの圧倒的な説得力。
ベートーヴェンがこの楽章にこの楽器を加えた意義が理解できる。
この凱歌には必然だったんだよ!

いやはや、新年早々良い一枚からスタート。
てかこの名盤をずっと聴かずに放置してた自分を殴りたい(苦笑)。

レニーの田園。2011/02/02 21:07:20

*ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」(バーンスタイン/BSO)

裏青盤。
からりと明るい1楽章が爽快。

5楽章のすごい外向きの放出感。
ムンムンむせかえるようなレニーらしさ。
これだから裏青はやめられない。

アリスたんソロ。2011/01/13 17:28:30

1月12日
東京オペラシティ。

メンデルスゾーン:厳格な変奏曲ニ短調Op.54nor Op.54
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番ハ長調 “ワルトシュタイン” Op.53
ショパン:
3つのワルツ“華麗なる円舞曲” Op.34
ワルツ第6番 変ニ長調 “小犬” Op.64-1
ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31

アンコール
ショパン:ノクターン20番イ短調
リスト:ラカンパネラ
ベートーヴェン:エリーゼのために

前夜に痛飲したので、予習のための音盤聴く余裕無し(苦笑)。
まあ、真っ白な状態で行くのもエエか、てことでオペラシティ向かった。

今日もサイン会あり。
プログラム、500円ナリ(笑)。
写真的には見たことあるアー写ばっかやけど、キレイだからイイ!

前半。本日も赤いお召し物。
メンデルスゾーンは立ち上がり手探り気味だったけど、4、5変奏辺りから着火。
激しい変奏はグイグイ行く感じで圧巻。

ワルトシュタイン、1楽章は驀進より不安げな肌触り。
連打音の焦燥感。
若干生硬さはある。それも若さか。
3楽章は良かった。
アルペジオの飛翔感。
煌めく、羽ばたく、歌。

後半はショパン。
3つのワルツの描き分け。
自在なルバート、コケティッシュな微笑み。
短調は一転、艶めく色気さえ滲む。セクシー。

「子犬」が鳥肌モン。
気品漂わせて始めながら、キュートだったり、小悪魔チックだったり。
この短さで。げに恐ろしきは女子ナリ(笑)。

スケルツォでメイン?と思ったのは事実。
イイ意味で裏切られた。
また、序盤手探りなのに、突然スイッチが入る。
中盤から煽る煽る。
ギシギシ踏むペダルの音。
燃え盛るミューズ。

トリプルアンコール。
再びのノクターン。
また刹那の涙。

カンパネラ、ミスタッチもあったけど、そんなことどーでもいい。
ぐっとテンポ落とした中間、また着火。嵐の如く。

ラストはエリーゼ。
あの儚さ、また聴けた。

やっぱショパン合ってるなぁ。
ソナタやコンチェルト聴きたい。

同時代にこれだけファンタジー溢れるショパンが聴けること。
神さまありがとう。
アリスたん、ガンガン推すよー(笑)!

今年の第9三昧。2010/12/31 14:37:31

今年の「第9三昧」は5音盤、まとめていくよー。

*カラヤン/BPO、ヤノヴィッツ(ソプラノ)、ヴァーグナー(コントラルト)、アルヴァ(テノール)、ヴィーナー(バリトン)、聖ヘドヴィヒ教会合唱団、RIAS室内合唱団

カラヤンは「IM TAKT DER ZEIT」シリーズの一枚。
1964年10月15日新フィルハーモニーホールこけら落としのライヴ。

1楽章は有りがちな「神秘性」をかなぐり捨て、疾風怒濤に突き進む、さすが60年代カラヤン。
2楽章はトリオが意外にゆっくりでハッとさせられる。
3楽章は想像通り(良い意味で)真水のように流れる。思索や瞑想と言った“おまけ”を切り捨てた潔さ。
うわ!終楽章冒頭のテンション高っ!
そして歓喜主題の前、パウゼ置かない、カラヤンスタイル。
昔は好きじゃなかったのに、今は「これカッコ良くね?」て思える。
そしてヤノヴィッツの美し過ぎる声。一番好きなソプラノですもん!
だからスタジオ盤も60年代のが一番好き。
ラストのクレッシェンド、爽快。

*バーンスタイン/BSO、マイヤー(S)、シモン(A)、ワイルダー(T)、バーバリアン(B)、タングルウッド音楽祭cho.

1972年の青盤。
2年前にもBSOとの青盤あるけど、かなり別物。
異様にハイテンション!(驚)
特に2楽章が怖いくらいの焦燥感。

*バーンスタイン/チェコフィル、ポップ(S)、トレチャル・ブルチャード(Ms)、オフマン(T)、コプチャーク(Bs)、チェコ・フィルハーモニーcho

有名なレニー最晩年、ベルリン壁崩壊の翌年の第9。
上記BSO盤とは(当たり前だけど)全然違う、最晩年の重み、深み。
でも2楽章の焦燥感に、共に通じる何かを感じるのも事実。不思議。
青盤らしいと言えばそうなんだけど、3楽章前のチューニングとソリスト入場も録音されてるのが、ちょっと笑える。

この第9、ソリスト陣の声質&歌唱が好みのタイプ。
というか、演奏全体のテンションも立派(レニーは相当体調悪かったはずなのに)。
「壁」の第9超えてる箇所もいくつかあるように感じる。
できれば正規音源で聴きたいなぁ……。

*ベーム&VPO、ジョーンズ(S)、トロヤノス(A)、トーマス(T)、リッダーブッシュ(B)、ウィーン国立歌劇場合唱団

何となく聴きたくなって、久しぶりに聴く。
3楽章。疲れた体と揺れる地下鉄にはつらい。眠り誘う。
第9、とりわけ終楽章を聴いてると「より高いものを求めて努力する」事の偉大さに、時折息苦しくさえなる。
翻って、己はどうかと。
易きに流れてばかりではないかと。情けない。

そしてホンマ数年ぶりにフルトヴェングラー&バイロイトの第9。
音は良くなくとも、やはり流れる空気は別格。
そう言えば、オルフェオの録音の方は音良いのかな。
終楽章の、低弦による前3楽章の否定から昇華を経て、まさに「生成」する歓喜主題が、めくるめく加速をする。ここはやっぱフルトヴェングラーが一番。

ライヴのカラヤンはガチ。2010/10/02 04:31:59

珍しく購入早々に音盤聴いた。
カラヤンのPalexa盤。

ベト7、特に終楽章、これはホンマすごいわ……。
もう1楽章からずっと金縛り。
脇目もふらずに突き進む圧倒的なパワーのBPOに、聴いてるこちらが薙ぎ倒されてる。

もう何書いてるか自分でもワケ分からん。

ハルサイもすごい。
マッシヴな管、ゴリゴリの弦、びりびり来る打楽器。

やっぱライヴのカラヤンはガ(rya