通勤ミュージック~0903162009/03/16 17:37:21

*ラフマニノフ&ハチャトゥリアン:ピアノ協奏曲(カペル、バーンスタイン/NYP<ラフマニノフ> オーマンディ/Pho<ハチャトゥリアン>)

M & Aのライヴ盤。
当初はレニー目当てにゲットした音盤で、実はカペルを聴くのは初めてだけど、文句なしに素晴らしい。
音の悪さを超えて伝わってくるその存在感!

まずはラフマニノフ。
自作自演を想起させるハイスピード。
ひたすら胸のすくような、堅牢なタッチ。

音数が多く、下手をすると響きが濁ることも多いこの曲が、まるで書き写せるくらいに明晰に鳴り渡る。
かといってメカニックなのではなく、燃え上がるようなテンションを持ちつつも決して崩れないのが凄い。

ゆえにむせび立つようなロマンは当然ながら控えめ。
例えば2楽章はウェットな情感には乏しいかもしれないけれど、さらりと駆け抜ける中に、微かな孤独感を感じさせるのが絶妙。

3楽章では、あの第2主題の前に(多くの演奏で行われる)パウゼを一切置かずに突入する。
そしてそれに続く主題を、つぶやくように歌うその寂しさ!

しかし、同じ主題を再現部ではたゆたうように奏で、一転、コーダでは晴れやかに朗々と歌い上げる。
当時28歳(!)という若さなのに、その使い分けの巧みさに感心させられる。

更に華を添えるのがレニーの棒。
一気呵成な盛り上げでカペルをサポート。
音が悪いのが惜しまれるけど、そんなことすら忘れる。
1楽章再現部直前や終結での、タッグの絶妙なハマり具合にはひたすら興奮してしまう。
3楽章の勢い込んだ加速や気持ちをぶつけまくった終結部も最高!
CBSのスタジオ盤2種より、はるかに熱い!

「ロマン滴る(不健康な)ラフマニノフ」ではないけれど、このほとばしる情熱には、大満足。
「レニーびいき」(苦笑)を差し置いても、久々にこの曲で名演に巡り会えたことが、とにかく嬉しい。

そしてハチャトゥリアン。
「ハチャトゥリアン=カペル」と言われるようになったゆえんの曲だけに、まさにお手の物。
カペルのパワーとテクニックが、ラフマニノフ以上にツボにはまっている。
荒ぶるリズムや和音、ピアノが打楽器のように響く。
しかし決して汚くなることなく、豪壮無比にザクザクと進む。
鍵盤というフィールドを、縦横無尽に駆けまくる。

オーマンディのサポートもさすが。
むやみに熱くなることこそないものの、オケ、ピアノともに見せ場を一々心得た棒裁きが心憎い。
やっぱ職人やわー。

安住しない、こと。2009/01/30 03:01:28

*ストコフスキー・スペキュタクラー(2枚目)

1.R.コルサコフ:「ロシアの復活祭」序曲(CSO)
2. 同:交響組曲「シェヘラザード」(RPO)
3. ラフマニノフ:ヴォカリーズ (アメリカso. モッフォ<S>)

1枚目のバッハ・ヘンデルに比べるとおとなしく感じてしまうけど、まあ原曲の管弦楽法の味付け自体が全然違うんだから当たり前。(苦笑

ストコフスキーの「シェヘラザード」は、あのやりたい放題のLSOとの録音はずっと前から愛聴していて、自分的にはこの曲の3大名盤の一つ(あとはロストロポーヴィッチとレニー!)。
RPO盤は「LSO盤よりは穏やか」みたいな評があちこちでされていて、気にはなっていたけどやっと聴くことができた。

確かにLSO盤よりは楽器付加とか少なくて、コッテリ感は減ってる(それでも普通の演奏より遥かにあるけど……。2楽章で出てくるシロホンはやっぱりツボ。笑)。
その意味では「意外に」この曲の(「面白さ」や「楽しさ」よりも)美しさを素直に描いているとも言える。
特に3楽章でそれが顕著。

ただ、そういった「変化」が、普通ならそうである「晩年ゆえの抑制」だとはボクには思えない。
LSOとの録音から約10年しかたっていないから、という時間の問題だけでなく、「前と同じことはしたくない!」という強い意志の現れだからこそ、じゃないか?

単に演奏そのものの好き嫌いでいえば、断然LSO盤の方だけど、このRPO盤も、一見(以前より)大人しく見える表情に「芸術の敵は安住」とも言わんばかりのストコフスキーの思いがにじみ出ているようで捨てがたい。

例えば、1・2楽章と3・4楽章を続けて演奏する新解釈。
特に前者は効果的で、何だかむしろこうする方が自然なのでは、という気にさえさせられる力を持っている。

……ていうか、やっぱり「シェヘラザード」ってよくできた曲だなぁと関心しきり。
確か全部で10種も持っていなかったはずだけど、色々引っ張りだして聴きたくなってきた。
そんな気にさせる力が、ストコフスキーにはやっぱりあるんだと思う。

「ロシアの復活祭」ももちろんカラフルで申し分ないけれど、むしろフィルアップ的な「ヴォカリーズ」が聴きもの。
ドゥベンスキー編曲の管弦楽伴奏つきソプラノ独唱版。
アンナ・モッフォの抑えた歌唱にそっと寄り添うようにオケをつけるストコフスキー。
この繊細さもまた彼の一つの一面。