デ・プロフンディス(=深き淵より)。2010/05/20 18:10:08

*ケーゲル/管弦楽小品集(ケーゲル/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団)
・アルビノーニ(ジャゾット編):アダージョ
・グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より“精霊の踊り”
・グリーグ:2つの悲しき旋律
・ヴォルフ=フェラーリ:歌劇「4人の田舎者」より間奏曲
・シベリウス:悲しきワルツ
・グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
・ムソルグスキー(R.コルサコフ編):歌劇「ホヴァンシチナ」第4幕間奏曲
・フランツ・シュミット:歌劇「ノートル・ダム」間奏曲
・レオンカヴァレロ:歌劇「道化師」間奏曲
・ファリャ:バレエ「恋は魔術師」より“火祭りの踊り”
・エルガー:威風堂々第1番
・ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ

昔から評判の高いケーゲルの小品集。やっと聴いた。

やはりアルビノーニのアダージョが圧倒的。
評判以上にコワイ演奏。身も世もないとは、まさにこのことか。
「悲しい」とか「憤り」とか言った概念すらここにはない。
絶望でさえ希望の対概念でしかないとすれば、ここにあるのは本当の無色透明の虚無。
主旋律の弦よりも、チェンバロとオルガンに耳を奪われる。
まるで鉛の棒を呑まされるように響く低弦。

気持ちゆっくりのテンポ、常に足元を「見えない何か」にわし掴みされているように不安げなフレーズ。

雨降りの出勤中に聴いて心危なくなるのだから、落ち込んで酒飲んでる時なんかに聴いたら、絶対あかん。
それくらい恐ろしい。

威風堂々のテンポ設定が異様過ぎる……しかしそれを必然であるかのように聴かせてしまう恐るべきケーゲル。(汗
繰り返される急加速と急減速。
普通なら、行進曲としてあるまじき姿。
でも受け狙いや効果を期待しているのではなく、何かに取り付かれたような鬼気迫る空気が支配する。
素っ気ないくらいサクサクと進む中間部。

サーカス・ポルカにおける「軍隊行進曲」の引用のグロテクスさ。
シニカルとはこういう事か。

他の曲も逸品。
特に2~5曲目で見せる透き通った美しさは、他では代えがたい。

通勤ミュージック~0911202009/11/20 17:45:33

ここ数日、なぜか「展覧会の絵」モード。

*ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」<オリジナル版>(アシュケナージ)、同<管弦楽版・アシュケナージ編>(アシュケナージ/PO)、

ピアノ版は純水のような美しさ。
最初のプロムナードから、磨かれた音の粒にハッとさせられる。
この曲へのこだわりが音を通じて伝わってくる、積極的な楽曲の運び。
もちろんアシュケナージだから決して力任せや技量のひけらかしには決してならないけど、それでも“ビドロ”なんかは、きれい事ではない迫力を持って迫ってくる。

でも、何より凄いのは自身編曲のオケ版。
昔から知ってたけど、この年まで聴かないまま過ごしてきた。

……なんて勿体ないことをしたのか!!

ラヴェル版より、ロシア的な泥臭さや、友を失った寂寥が強調されているのが良い。
特に後者はこの曲の必須の要素だと思うけど、ラヴェル版で満足させてくれる演奏に出会ったことがないから。

考えてみれば当たり前だった。
ラヴェルは端からそんなこと興味ないんだから。
ムソルグスキーの音を素材としてどう生かすか、に一番心を砕いたのだから。
だからこそプロムナードも1曲省いちゃうし、音の間違い(サミュエル・ゴールデンベルクとシュミイレ)もそのままだし。

最初こそ、Tp.のユニゾンで始まり、「あまりアレンジ差がないかな……」なんて感じるけど、徐々にオリジナリティを見せていく。
確かに“古城”にはゾクゾクするほどセクシーなサックスも良いだろう、でも、コール・アングレの抑えた筆致もまた、惻々とした墨色で美しいのだ。

そして何より原曲の強弱を忠実に守った編曲。
その圧巻が「ビドロ」。
ロシア農民の憤懣と絶望もかくや、と言わんばかりの強奏で始まり、まさにリアルに「鞭」打たれる。これを聴いた後では、ラヴェル版の牛はお散歩にしか聞こえない。(言い過ぎ??

ラヴェル版でカットされた、1曲目と同じ調のプロムナード。
「同じ」であることが、いくつも絵を見てきた後にもう一度立ち止まって一息つく姿が(=入場してきたときのように)目に浮かぶけれど、もうすでにその時の自分は最初の自分とは違っている……何て深いところまで想像(=妄想?)させる、そのプロムナードの意義。

そして文句なしに素晴らしいのがラスト「キエフの大門」。
ラヴェル版のような音の饗宴はなく、入りも最初は肩すかしなくらい地味。
しかしその静けさは次第次第に祈りを込めた熱へと変貌していく。
特に中間におけるクラリネットのため息のひとりごちは、絵を通じて亡き友と向かい合うムソルグスキーの姿が、そしてそのムソルグスキーと真摯に向かい合うアシュケナージ自身の姿が二重写しになって見えてきて、思わずウルッと来る。
最後はもちろん、音量的には大きく盛り上がって終わるのだけど、それが煌びやかになるのではなく、どこまでも澄み切ったまま音量を増していくので、まったくうるささを感じない。

敢えて言おう。
もっともっと、アシュケナージ版は演奏されるべきだと思う。
心からそう思う。

*同<ピアノ版・ホロヴィッツ校訂>(ホロヴィッツ)

こちらも古くからの名盤。
しかし、上記のアシュケナージ2題とは、全く真逆のアプローチ。

いわば、ラヴェル版を逆にピアノ版にしたような華やかさ。
強靱な打鍵、でもその中に色っぽく艶めく歌心。
“殻をつけたひなの踊り”の最後のルバートなんて、やりすぎギリギリのところで見せる、まさにエンターテインメント。

バーバ・ヤガやキエフなんて、とてもピアノとは思えない(更に言えばモノラルとは思えない)音量と迫力。
ピアノが壊れないのか心配になるくらい。
まさに、「速くて」「大きくて」「華麗な」ことが正義だった時代の演奏だなぁと、呆気にとられながらも、思わず引き込まれる。

好きかどうか、と言われるとたぶんアシュケナージの方に軍配を上げるけど、それはイコールどちらかが正しいかでは決してない。
むしろ、ここまでやり切っているホロヴィッツも一つの「正しさ」なんだろう。
有無を言わせぬ、ねじ伏せられるような説得力。
それはきっと、今という時代には希薄なものなんだろうけど(アルゲリッチにはそれに近いものを感じるけど)。

通勤ミュージック~0904152009/04/15 02:35:35

*ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」、B.チャイコフスキー:テーマと変奏曲(フェドセーエフ/モスクワ放送響)

このブログだったかな? mixiだったかな? 「展覧会の絵」(ラヴェル版)には、どうも個人的にしっくりくる演奏になかなか巡り会えてない、みたいなことを書いたのは。

まあそうは言っても、チャイ5みたいに「理想の一枚」を求めて山のように聴き漁っているわけではないので、自分の努力が足りない面もあるにはあるのだろうけれども。(苦笑

あくまでボクの中では、だけど、この曲には煌びやかな管弦楽効果よりも、もっと深い「うた」と言うか、“声のないレクイエム”のような演奏を期待しているところがある。
もちろん、ハルトマンの遺作展だけで作られたワケでもない、ていう昨今の説は知ってるのだけど。
その意味では、原曲のピアノ版の空気感を感じさせる演奏を探しているとも言える。

ただ、矛盾するようだけど、ラヴェルのアレンジはやっぱりすごいと思う。
冒頭のTp.にしろ、「古城」のSax.にしろ、ラヴェルが我々に刻印した「色」は、なかなか拭い難いものがどうしてもある。

それらを踏まえた上でこの音盤。
なかなか良かった。
100%、ではないけれど、かなり自分が「こうあってほしい(or こうしたい)」演奏スタイルに、今まで聴いた音盤では一番近かった。

まずは最初のプロムナード。
抑えた響きからもう期待大。
朗々、流々と吹かれるのはダメなので。

ほとんど間を置かずに始まる「こびと」。
暴力的でないがゆえに、所々で見せるドキッとするような打楽器の打ち込みがかえって怖い。
そして最後のまくり!

「古城」の墨色感。
この曲に関しては、もっとフランス風のアンニュイを前面に押し出したスタイルもありだと思うけど、個人的にはこの音盤のように思索や内省を感じさせる方が好きかな。

入念なテンポ操作の光る「チュルリー」。
特に中間部の遅めのユーモアには、「その手があるのか……」と感心しきり。
自然と加速して元に戻るのもうまい。

「ヴィドロ」も、プロムナード同様、抑制された音色が哀しみを誘う。
でもこの曲に関して言えば、もう少し「怒り」の表情付けもあってもいいかな?

「カタコンベ」の静謐な空気。
その中にピンと張った緊張感。

「バーバ・ヤガ」は、こけおどしでない腰の据わった響きに満足。
もっとTimp.が派手でもいいかもしれないけど、そういった効果を志向してないんだろうな。

そして「キエフ」の流れるような「うた」!
ここでバリバリブリブリ鳴らしまくるだけの演奏のいかに多いことか。
まさにその対極。
でももちろん小粒なのでは全くなく、骨太にずっしりと歌い込む。

最後のパウゼの後、ぐっと落としたテンポで振り返る。
長調なのに胸を締め付けられるような存在感。
まるでコラールのような佇まい。

ちょっと驚きなのは最後のド派手な鐘の連打。
うーん……これは要らなかったかなぁ?(苦笑
ちょっと雰囲気壊している気がする。

フィルアップのB.チャイコフスキーの曲は初聴き。
あまりロシア-ソ連の響きを感じさせない、不思議な曲。

通勤ミュージック~0812192008/12/19 18:30:52

*ベルリオーズ:幻想交響曲(クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団)

1964年5月10日東京文化会館での録音(Altus盤)。
POとのスタジオ盤とは違う熱演でつとに有名。

20年くらい前にはKING系のSevenSeasで出ていた。
高校時代に友人が持っていて、借りて聴いた記憶がある。
自分のモノとしてきちんと聴くのはそれ以来。(時がたつのは速いねぇ。

改めて聴くと、もちろん熱演であることは事実だけど、「我を忘れた」タイプではないことに気づく。
プログラム・ミュージックであるこの曲に対し、「1人称の解釈」でなく「3人称」として臨んでいるのが大きな特徴、だと感じた。

大事なのは「客体」ではなくて「3人称」なこと。
表題音楽性をのっけから無視して臨むのが「客体」なら(それはそれで貫徹しているならありだと思う。スキではないけど……苦笑)、「物語」の中に没入するのではなく、一歩引いて「語る」視点を持っているのが「3人称」なのかな、と。

そこばかり注目されがちな、4・5楽章の燃え上がりもそう。
もちろんラストのコーダなんて、Tb.が落ちるほどの加速だけれど、それは「語り口」に熱がこもったからであって、決して“髪振り乱して”という感じではない。
同じ「熱演」でもミュンシュ/パリ管との大きな違いはそこ。
……ちなみにミュンシュ盤は大好きですよ。(まあボクの趣味から想像付くでしょうけど。苦笑

それこそがクリュイタンスならではのニュアンス(エスプリ?)。
ちょっとドライな録音からも滲み出る、あまりに魅惑的な、「粋」なんだと思う。
その意味では、この曲の「痛さ」(=ストーカーさ。笑)は払拭されているとも言える。
(そう考えると、ホントの意味で一番コワイのはクレンペラー盤だな)

あと注目すべきは、クリュイタンスの音像づくりの立派さ。
カラリとしたオケの音を生かしつつ、例えば1楽章序奏最後のファゴット強調みたいに、思わぬところで耳を引かせる。
4・5楽章の低弦・Timp.のここ一番での強奏もその流れでとらえるべき。

そして忘れちゃいけないのがアンコールの2曲の完熟っぷり。
「古い城」の惻々たる寂しさ。
その中に潜む品のあるセクシーさ。
「ファランドール」の完全無欠のアッチェルランド。
むしろ押し出し強く堂々と始まるのに、気づけば魔法のように加速していく。
わずか3分半の奇跡、いや永遠の3分半の奇跡。
こんな演奏できるなら、寿命が1年くらい縮んだって構わない。