ムラヴィンスキーのブラ2。2018/06/17 04:51:46

何度か書いた気がするけど、ブラームスの交響曲では2番が一番好き。
終楽章のコーダ、アクセル全開のやつも良いし、悠然としてるのも良い。
要は「曲」が好きなんだろう。
演奏うんぬんの前に。

「曲自体」が良いと、よほど酷い演奏でもない限り嫌にならない。
反対に「演奏次第」の曲もある。
例えば、チャイコフスキーなら前者が4番、後者が5番。
この話は色々言いたいけどいずれまた。

さて。
ブラ2は断然前者だと思います。

ムラヴィンスキー/レニングラードpo.
1978/04/29 @レニングラード
1977/09/27 @東京文化会館

どっちもライブ録音。
前者は久しぶりに、後者は初聴き。
スコア見ながら聴き比べしたんだけど、前者はもっとひんやりしてたイメージ(このコンビの「未完成」とか「ベト4」みたいな)あったけどそうでもなかった。
むしろあたたかい。このコンビにしては意外かも。

日本ライブの方が心持ち「熱い」かな、って印象はあるけど、こちらも丁寧かつ安定した進行。
終楽章もそんなにぶっ飛ばさないし、

まあどっちも金管の轟音なんかはいかにもロシアオケ、って地金が出てちょっと笑えるんですが(笑)。
特に日本ライブはALTUSの好み(?)なのかダイナミックレンジがめちゃくちゃ広くて、最弱音に合わせるとfffでびっくりする。
あとちょっと録音が膝上レベルかなぁ。

レニングラードの方が録音はすっきり。見通しがいい。
ただいささか「お化粧」され過ぎた感あって、これはもう一長一短。

どちらも「ブラ2」代表盤、とは言えないだろうけど、ブラ2好きとしては十二分に満足いくもの。
アポロン的な解釈もデュオニソス的な解釈もできるのがこの曲の魅力だとすれば、まさにその真ん中でありつつも退屈ではない。
それって改めて考えると簡単なことじゃあないよね。

あ、一つだけ不満。
1楽章繰り返さないのはNG!w
あの「D-C-D」のモチーフをもう一度聴くのが好きなので。

なんか調べるとこれもALTUSから出てる、ウィーンでの同コンビの同曲演奏が「一番良い!」と言ってる人が多くてちょっと困ってる(苦笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://unfinishedmelody.asablo.jp/blog/2018/06/17/8895949/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。