1+235本のトランペット。2010/09/07 03:34:26

久しぶりにコンサートを聴きに行った。
後輩が出演しているので。
サントリーホールも何年ぶりだろう。

なんと最大236本ものトランペットが鳴り響くというチャリティーコンサート。
詳しくはこちら。↓
http://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/2010/0906_397.html

*のついている曲が全員演奏で、あとはプロの演奏なのだけど、さすがに全員演奏は圧巻。
ものすごい音圧で、終演後はお腹空いたもん。(笑。
最初こそ、やっぱり「ズレ」みたいなものを感じたのだけど、曲を重ねるにつれて息が合っていくからすごい。
どんなモンでも「やりきる」事ってすごいよね、て感じさせられるプログラムでした。

なお、2部のオルガン即興演奏は童謡「赤とんぼ」をモティーフにしたもの。
これがもう感動したのなんのって……。
主題の発展、変容、展開。
やはり音楽の根っこは「インプロビゼーション」にあるのだ、ということをまざまざと見せ付けられた。


おまけ。
秋篠宮ご夫妻臨席に驚く。


リック・オービエ(トランペット)
ティエリー・エスケッシュ(オルガン)
菅原 淳(ティンパニ)

【プログラム】
モンテヴェルディ:歌劇「オルフェオ」よりファンファーレ*
ブラント:コンサートピース第2番
シャルパンティエ:テ・デウムより「プレリュード」*
クラーク:トランペット・ヴォランタリー*
ムレ:交響的ファンファーレ*
パジーニ:カンタービレ
シューベルト:ワインと愛 
エスケッシュ:舞踏的幻想曲
ベーメ:協奏曲へ短調より第1楽章

エスケッシュ:トランペット・ストーリー
松下功:「祈りのファンファーレ」           
ビゼー:アニュス・デイ
オルガン即興演奏               
エスケッシュ:クリスマス・メドレー
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲*
ベートーヴェン:交響曲第9番より「歓喜の歌*
ヘンデル:メサイヤより「ハレルヤ」*
ヴァンベスレール:ベスト・オブ・フランス*

通勤ミュージック~0901272009/01/27 16:33:43

*ストコフスキー・スペキュタクラー

RCA 2 in 1シリーズ。まずは1枚目から。

1.無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番~プレリュード(バッハ~ストコフスキー編)
2. 同第2番~シャコンヌ(同~同)
3. 管弦楽組曲第3番~アリア(同~同)
4. 小フーガ ト短調(同~同)
5. 組曲「水上の音楽」(ヘンデル)
6. 同「王宮の花火の音楽」(同)

バッハはLSO、ヘンデルはRCAビクター響。

もうプレリュードから(いい意味で)映画音楽のノリ。
今ならさしずめゲーム音楽か。(笑
楽しく明るく歌ってルンルン。

それがシャコンヌで一変。
あたかも愁嘆場を演じるかのような大げさな身振りの中に、甘美な色気がムンムンと香り立つ。
先日のイエペスのように、内へ内へと向かうような内省的な空気とは全く違って、放射されるエネルギーに満ちているが、これはこれで(バッハが求めているものとは違ったとしても)極められた「何か」が心に響いてくる。

もちろん「好き嫌い」という概念は否定しないし、音楽を楽しむ上で重要な様子だとは思うが、結局のところ、その「何か」を伝え切れているか、が自分の中では大きな評価基準のような気がする。

「彼(=バッハ)が私の編曲をどう思うか。それは私の死後の運命がどうなるか分からないけど、とにかく行った先で彼に会ってみないことには何とも言えない」(by ストコフスキー)

コッテリと歌い抜くG線上のアリア。
ド派手な金管のトリルで飾られる小フーガ。
とにかく、やり切ろうとする信念の説得力に脱帽!

ストコフスキーのバッハは、チョコフィルのライヴ盤を持っていて、あれも凄い(特に「パッサカリアとフーガ」)。
ただ選曲は当音盤の方がバラエティーに富んでいていいかな。

ヘンデルの2曲も十二分に楽しませてくれる。
クーベリック盤のような「威容」こそないけれど(ていうか、そんなもの眼中にない?)、とにかく大らか。

「水上の音楽」では、最初から最後まで、これでもかと言うくらいにメロディーに合わせてスネアドラムを鳴らしまくる。
やっぱり、というか期待通り、というか。

ところが一転「花火」では意外なほど穏やかな表情を見せる。
テンポも全体に落ち着いてゆったり。
もちろん楽器は補強してるけど、序曲で不意に見せる弱音にも驚かされる。
「歓喜」も開始の弦でぐっと抑え、繰り返す度にジワジワと盛り上げる。
しかし最後の金管でもド派手にはならない。むしろ大人。

……やるとしたら、普通逆(水上=穏やか 花火=派手)だよね。(苦笑
その辺の一筋縄では行かないところもまた、「ストコ節」たるゆえんか。

ナイトキャップ~0810252008/10/26 02:52:17

子供を寝かし付けて、そのまま自分も寝てしまった。
以前はその事に、すごく時間の無駄みたいな思い(恨み?)があったけれど、最近はそうでもない。
恐らく、そんな時間って実は今のわずかしかない、貴重な時なんだろうから。

*ミュンヒンガー/バロック音楽の楽しみ

明日(日付的には今日)の日曜は仕事なのだが、先述の通り早い時間に寝てしまったため、さっき起き出してきた。
さすがにもう一度寝るけど、その前に少しだけナイトキャップ。

お供は芋焼酎「喜六」とツブ貝。
清冽にキリリと進むパッヘルベルのカノン。
不必要に泣き濡れないアルビノー二のアダージョ。
すっきりとした「喜六」の味と絶妙にコラボする。

多分ミュンヒンガーのスタイルって現在だと一番中途半端なのかもしれないけど(フルオケでもなく、オーセンティックな古楽器でもなく)、ボクにとって、いろんな曲の魅力を教えてくれた恩人であり、折に触れ聴きたくなる。
「音楽の捧げもの」、「フーガの技法」、ブランデンブルグ協奏曲。
バッハへの道はほとんどこの人が導入してくれた。

なんて書いてると、すごくキビキビと進む「主よ、人の望みの喜びよ」と「羊は安らかに草をはみ」に音盤は進んでいく。
前者なんて、もっとトロトロにすることも可能だった時代に、こういった解釈をした先駆者だった意義、それが今では忘れられていないだろうか?
ウィキペディア見ると、晩年は不遇だったらしいし……。

酒が2杯目に進むのを寿ぐような、ヘンデルの「シバの女王の到着」の愉悦感。
オーボエの重奏と弦の16分音符との応答、爽快。
そして同じヘンデルのオルガン協奏曲。
純粋なまでの「楽しさ」がそこにある。

……どうでもいいんだけど、この「ナイトキャップ」は何度も聴いてる(そして酒を飲みながら聴きたい)愛聴盤を取り上げ、「通勤ミュージック」は未聴盤消化が主目的、というカテゴリー分けに自分の中ではなっている。
もちろん逆のことも出てくるかもしれないけど、その時はその旨触れようと思う。

更には、「ナイトキャップ」の日付は、「夜中は前日の2X時」という思いのあるみっふぃーまにあとして、書いた日の前の日になっているのです。
……ほんとどーでもいいんだけど。(苦笑

あ、今日ジャケ写がないのは、アマゾンで見たら現役盤の絵が違うのと、カップリングが違うから(コレルリとか追加されてた)。
ボクの持ってるのは古いキングレコード盤なので。
スキャンや撮影までは面倒なのでしません。(苦笑

通勤ミュージック~0810172008/10/17 22:26:47

*ヘンデル:「水上の音楽」「王宮の花火の音楽」(クーベリック/BPO)

行きつけのクラシックバーでずいぶん前に聴いて、一発ノックアウト。
しばらくして中古ハンティングに成功。
夏の間に聴こうと思ってたらもうこんな時期に。

ま、一度耳にはしてたわけだから未聴盤ではないもんね……(苦しい言い訳?)。

とにかく、ずっしりたっぷりぎっしりの充実感! 
響き渡る管楽器。でもうるさくない。とにかく立派。
まさに「威容」って言葉がぴったりくる。

たとえ古いと言われようと、モダン楽器の演奏の方が好き。
「水上~」はムーティ/BPO盤も持ってるけど、これまたゴージャスで良かった。

「花火」は管楽器だけの演奏(フェネルとクリーブランドの管メンバーによる)を持ってるけど、これはこのディスク全体が素晴らしいのでいつか紹介したい。
自分がしてるから言うわけじゃないけど、吹奏楽を一段低く見ている人に突きつけるには格好の1枚なので。