1+235本のトランペット。2010/09/07 03:34:26

久しぶりにコンサートを聴きに行った。
後輩が出演しているので。
サントリーホールも何年ぶりだろう。

なんと最大236本ものトランペットが鳴り響くというチャリティーコンサート。
詳しくはこちら。↓
http://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/2010/0906_397.html

*のついている曲が全員演奏で、あとはプロの演奏なのだけど、さすがに全員演奏は圧巻。
ものすごい音圧で、終演後はお腹空いたもん。(笑。
最初こそ、やっぱり「ズレ」みたいなものを感じたのだけど、曲を重ねるにつれて息が合っていくからすごい。
どんなモンでも「やりきる」事ってすごいよね、て感じさせられるプログラムでした。

なお、2部のオルガン即興演奏は童謡「赤とんぼ」をモティーフにしたもの。
これがもう感動したのなんのって……。
主題の発展、変容、展開。
やはり音楽の根っこは「インプロビゼーション」にあるのだ、ということをまざまざと見せ付けられた。


おまけ。
秋篠宮ご夫妻臨席に驚く。


リック・オービエ(トランペット)
ティエリー・エスケッシュ(オルガン)
菅原 淳(ティンパニ)

【プログラム】
モンテヴェルディ:歌劇「オルフェオ」よりファンファーレ*
ブラント:コンサートピース第2番
シャルパンティエ:テ・デウムより「プレリュード」*
クラーク:トランペット・ヴォランタリー*
ムレ:交響的ファンファーレ*
パジーニ:カンタービレ
シューベルト:ワインと愛 
エスケッシュ:舞踏的幻想曲
ベーメ:協奏曲へ短調より第1楽章

エスケッシュ:トランペット・ストーリー
松下功:「祈りのファンファーレ」           
ビゼー:アニュス・デイ
オルガン即興演奏               
エスケッシュ:クリスマス・メドレー
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲*
ベートーヴェン:交響曲第9番より「歓喜の歌*
ヘンデル:メサイヤより「ハレルヤ」*
ヴァンベスレール:ベスト・オブ・フランス*

通勤ミュージック~0811252008/11/25 17:30:24

* シューベルト:交響曲第8番 「未完成」、シューマン:ピアノ協奏曲(アルゲリッチ、ミュンフン/フランス国立放送o.)

2001年パリでのライヴ、エイズ撲滅のチャリティコンサート。
以前「狩猟日記」で書いたとおり、シューマンのピアノコンチェルトに一聴惚れ(?)して購入した、タワレコ限定盤。

シューマンはとにかくすごい。
この曲、古今のピアノ協奏曲の中でもボクの好きなベスト3に入るんだけど、これまでいくつか聴いてきた音盤の中でも屈指の名演。

期待通りに燃え上がるアルゲリッチのテンペラメント。
天駆ける駿馬のように鍵盤から音が立ち上る。
特に終楽章の目くるめくような音の奔流には息をのむしかない。

ただ、敢えて欲を言えばもう少しシューマンに不可欠な「ファンタジー」が欲しいところ(それは例えば、コルトーに溢れかえっているような)。
それを突き詰めるタイプの演奏ではないから、無い物ねだりというかわがままな希望かもしれないが。

シューマン目当てだったけど、未完成も良くて驚き。
考えてみれば、「指揮者」ミュンフンの音盤って、これがボク初めてだわ。

考え込みつつゆっくりと進む、今どき珍しい(古い?)スタイルの演奏。
特に1楽章の不吉なまでの沈思黙考っぷりは、非常に共感。
やっぱシューベルトはこうでないと!
どうでもいいけど、それこそ「8番」って書くと古い、て言われちゃうのかなぁ。(苦笑

ナイトキャップ~0810192008/10/20 01:30:21

ナイトキャップ【nightcap】
1:寝るときに、髪の乱れを防ぐためにかぶる帽子。
2:寝る前に飲む酒。
[大辞泉]

要は「就寝前の1曲」という企画。
「全く音楽を聴けない日」なんてものを避けるため、10分……いや5分でもいいから触れたいというもの。

仕事休みの日なんか、家族サービスや雑用に忙殺され、片道30分は担保されている「通勤ミュージック」ほども聴けないときだってあるし。

まああと、まさに字義通り自分の好きなお酒を飲みながらってのもあるんだけど。(爆

ルーティンな企画ものは「通勤ミュージック」「狩猟日記」「ナイトキャップ」の3つのつもり。
いずれ「今日のチャイ5」みたいなのが出るのは必至ですが。

*シューベルト:即興曲op.90 第4番と2番(リリー・クラウス)

ラフロイグのカスクストレングスを飲みながら。

 涙をいっぱいにたたえながら、それでも微笑みを絶やさぬ哀しさ。
 軽やかに舞っていても、その背後を常に脅かす絶望の顎(あぎと)。
 たゆたいの輝きは、刹那の幸せなのか。
 否、幸せはもともと刹那と同義なんだろうか。

……なんて事を考えさせる演奏。
全8曲、単に「美しい」という言葉だけでは片づけられない、余りに重い「何か」が滲み出てくる名盤。
中でも特に2番が凄い。
雪崩落ちるような終結の、息苦しいまで切迫感。

即興曲自体の美しさや叙情を味わうなら、ルプーの音盤が十分それに応えてくれるけれど、クラウスの演奏は、曲が要求する水準を超えてしまった表現にすらなっている、そんな風に思う。