通勤ミュージック~0904302009/05/01 02:50:11

*シューマン:交響曲第2番・3番(エッシェンバッハ/NDR)

前々々回の続き。(笑

2番も1・4番とコンセプトは同じ。
すっきりしていて、輪郭がくっきり見える演奏。
Timp.や金管が随所で強奏されるのだけど、威圧的でなく常に透き通っている。

1・2楽章にほとんど間を置かず続けているのが面白い。
(単一形式のはずの)4番で空けていたのに。(苦笑

2楽章の最後、ショルティやレニーのように加速しているけれど、それもどこか鼻歌のように穏やか。
3楽章も決して詠嘆的に沈み込むことなく、しずしずと進んでいく。

4楽章も「暗→明」の勝利感よりも、全体を貫くなだらかさが不思議。
最後に加速してくのがユニークだけど、それも決して汗ばんだものにはならない。
何というか、妙な浮遊感に包まれた2番。

だったらショルティのような力業や、クーベリックの木訥さや、サヴァリッシュの自然さの方がいいのかも、と正直思わなくもないが、「脱・精神病的シューマン」のひとつの解釈としてありなのだろう。

「ライン」はこの全集で一番いいかも。
とにかくスコーンと突き抜けていて、鳴りまくる1楽章。
屈託のないホルンの響きが、曲想と絶妙にマッチしている。

子細構わずグイグイ進む2楽章も爽快。
一番すごいのが快速の終楽章。
ちょっぴりアンサンブルが乱れるのだけど、そんなの気にしない。
それもまた良し。(笑

こう考えると、「ライン」てシューマンの交響曲の中では異質なのかな、て思う。
「シューマンらしくない」ものを受け入れる幅がもともとある、と言う点で。

通勤ミュージック~0904252009/04/25 18:09:21

*シューマン:交響曲第1番・4番、序曲「メッシーナの花嫁」(エッシェンバッハ/NDR)

本題に入る前に、シューマンの交響曲全集っていいよね、て話を少し。
以前「全集考」で書いたように、枚数が少ない(笑)てのも大きな要素だけど、それと共に「楽章ぶち切り」がまずない、ていうのが嬉しい。
チャイコフスキーなんかだと、うまく管弦楽曲と組み合わせていれば、その問題回避できるのだけど、往々にして「4枚組、5番の3楽章(号泣)で盤チェンジ」なんてパターンが結構ある。
ブラームスですら、3枚に納めようとするとたまにある。

その点シューマンは、交響曲だけでもまず2曲ずつ2枚に収まるので、断絶されちゃうことがない。
……まあ、CD時代ならではの贅沢な不満だろうけど。(苦笑

あと最近感じるのは、シューマンの4曲それぞれのユニークさ、というか立ち位置の違い、みたいな幅広さ。
それが色んな解釈を可能にし、聴くこちら側にも固定的でない刺激をくれる気がしてる。

そんな前提でエッシェンバッハの全集から第1弾。
どうもまだボクの中ではピアニストの印象がまだまだあるけど、もうすっかり指揮者のキャリアも長いよな。(苦笑
シューマンの全集も2回目とか。

ちなみに「ちょっと変わった」指揮者(マーラーなんかで顕著?)と巷間言われてるので、少し構えて聴いたけど、「それほどでもないなぁ」というのが正直な感想。
もっとも同じシューマンでも、実演では相当「やっちゃう(笑)」らしいけど。

全体を通じて、金管群の強奏が印象的。
こちらの思わぬところで突出させたりとか。
とは言えくどさや重さはあまり感じられないのが不思議。
すっきり、くっきり、真水のような演奏。
好みではないけれど、こういうのもありだとは思う。

まずは「春」。
冒頭のファンファーレも、くすんだ靄の中から目覚める感じではなく、もう最初からあっけらかんと鳴り渡る。
リズムの処理も軽快で(特に終楽章)、ここまでやり切っているなら立派。
とは言え、ラテンな感じにまではなっていないのは、さすがにオケの抵抗(?)なのか。

4番は「幻想曲」の形式を完全に無視。
何せ全然単一楽章ぽくないんだもん。
1楽章と2楽章の間にパウゼがあるのは、別にこの演奏だけではないけど、旋律やモチーフも含め、ほとんど有機的統一が感じられない(敢えて排除している?)のは不思議かつ興味深い。
普通に演奏すると曇ってしまうシューマンの絶妙な(?)オーケストレーションを感じさせない明晰さ。
終楽章のTimp.のクレッシェンドや最後の加速も、汗飛び散る興奮ではなく、どこまでも滑らかで見通しが良く、風通しがよい。

ただ、やっぱり「春」とは違ってこちらには、「ファンタジー」とモチーフから派生する「息吹き」がもう少し欲しいかな。
何かいつもシューマン取り上げる際は、同じこと言ってる(ていうかボク、年の割にオールドファッションかぁ?)気もするけど。
自分が好きなせいもあるけど、4番と2番に関してはちょっと狭量なところあるかも。(苦笑

フィルアップの「メッシーナの花嫁」は初めて聴いたけど、こっちの解釈の方がよっぽどいわゆるシューマン「らしい」。(笑
ほの暗さ、くすんだロマン(浪漫?)。
「マンフレッド」に通じる空気がある。
いい曲だわ。

通勤ミュージック~0904032009/04/03 00:43:01

*グリーグ&シューマン:ピアノ協奏曲ほか(リパッティ、ガリエラ&カラヤン/PO)

昔から名盤の誉れ高い録音だけど、初聴き。
入手したのはオーパス蔵盤。

リパッティはソロを少し聴いたことがあるくらいで、何とはなしにリリカルなイメージを抱いていたけれど、それだけじゃない!
詩情を備えながら、ここ一番で見せるたゆたうようなロマンが濃い。

特にグリーグが素晴らしい。
もう初っ端のカデンツァからグイグイ引き込まれる。
最低音のAが、こんなに心を打つなんて!

随所で見せる、堂に入った自在なルバート。
自在に羽ばたきながら、決して放埒に見えない絶妙なニュアンス。
オケとの対話をきちんと保ちつつも、自分の世界をしっかりと作り上げてるのがすごい。

実は「この曲って、何となく、浅薄で単純だよなぁ」とずっと思っていた。
……それが何という無知だったことか。(汗

旋律もリズムも、まるでキラキラとこぼれる宝石のような美しさに溢れている。
移り変わる表情に魅了される1楽章。
深い静けさと内省に満ちた2楽章。
単なる舞曲が、より高みを目指す気高さへと昇華する3楽章。

この録音がマイ初演だったなら。
もっと早くその魅力に気付いたのに。

ガリエラのまっすぐに燃え上がったサポートも心憎い。
特に終楽章では、勢い込んだオケの加速と、流れるように歌い上げるリパッティとが、溢れる音模様をあやなす。

まさに、音の古さを超えた名演。
出会えたことに深く感謝。

一転、シューマンは若干物足りない。

リパッティが悪いのではなく、カラヤンのサポートが素っ気ないというかよそよそしいというか。
POも、グリーグと同時期の録音とは思えないほど味気ない。
こういう「単に表面を磨いた」美しさなら、今どきのもっと音の良い録音になんぼでもある。

しかし、リパッティのロマンにあてられたかのごとく、段々とカラヤンのテンションが上がっていくのは面白い。
3楽章では最初とは別人のような趣きで、なかなか刺激的な掛け合いを繰り広げている。

フィルアップに収められたリパッティの自作、コンツェルティーノはチャーミングな佳曲。
ライナーにもあるように、バッハの影がそこはかとなく感じられるのもまた良し。

サヴァリッシュ/SKDのシューマン。2009/01/11 01:11:37

またまた年末買った全集から。
やっぱね、「買ったらすぐ聴く」が未聴盤を減らす良策の一つだと思いますわ。(笑
と言いつつ、正確には4番以外は持っていたので「未聴」とは少しニュアンス違うんだけど。(苦笑

ほかの3曲もずいぶん久しぶり。
て言うか、あまり面白みない印象があったので。
ところが……改めて聴いて猛省。
そりゃ名盤って言われるだけのことあるわ!

確かに折り目正しい生真面目さが前面に出ていて、手練手管は全くといっていいほどない。
「春」の終楽章とか淡々としすぎかもしれない。
2番なんかは、どうしても曲を支えきっていない感じもする。

でも何がすごいって、全曲にわたって「楽器」の音を感じさせないこと(ショルティ盤とは対極か?苦笑)。
どのパートも、楽曲の血肉となって不可欠の存在になっている。
「そこにその音がある」意義がある。

それを一番象徴しているのがTimp.。
ゾンダーマンの演奏がまるで背骨のように各曲、そして全集全体を引き締める。
奏法も音も存在感も全てひっくるめて、まさに理想のTimp.。
特に「ライン」は、もう曲の流れに身を委ねているだけで幸せすぎる!

サヴァリッシュも、「生真面目」って書いたけど、今回初聴きの4番では終楽章でちょっぴり大見得切っててなかなか良い。
でも自己主張がはみ出る感じではなく、最後もあまり加速せず、どっしりと締めくくる。
ほかの曲だって、明晰な統率力が光ってる。

ルカ教会の残響豊かな録音がすごくふくよか。
SKDの音の伽藍、まさに大聖堂を仰ぎ見るような感覚。
「全集」としての平均値は凄まじく高い。
何回も何回も聴いても飽きないし。

……しかし、聴くこちらの立場や年齢、経験値が変わっているのもあるけど、ホント学生時代って、有り体に言えば爆演・熱演タイプの演奏や音盤にひかれ過ぎだったなぁ。

もちろんそういった演奏は今だって好きだし(無個性よりははるかに良い)、熱い感動をくれることも多いけど、最近はどちらかといえば「旨味」や「職人芸」的なものに強く引き付けられるのを感じる。

ケンペやクーベリックがすごく好きになってきてるのがその証かな。
しかもこの2人、実演では燃えるとこが共通しているし。(笑

通勤ミュージック~0812012008/12/01 17:33:42

*シューマン:交響曲全集、序曲・スケルツォとフィナーレ、序曲「ジュリアス・シーザー」(ショルティ/VPO)

ただいま出張で広島に来ております。
というわけで正確には「出張ミュージック」。(笑。

快速・クリア・爽快……「過ぎる」くらいの演奏。
先日も書いた、シューマンに必須の「ファンタジー」は存在しない、というか求めようとされていない。
シューマンの音が骨組みまで露わにされている。
ある意味残酷なくらい。

決して好きなタイプの演奏ではないけれど、みなぎるガチンコの緊張感(ほとんどケンカ腰)は凄い。
VPO相手でも(だからこそ?)一歩も引かないショルティの意気込みは「よーやるわ」の一言(録音年代を考えればなおさら)。

意外に2番が良い。
変な「意味」を持たせないことが強みになって、袋小路から逃れるのに成功している。
もちろん3楽章には何の影も見えないし、4楽章の勝どきもあまりに単純だけれど(低弦の凄まじいゴリゴリ弾きっぷり!)、一つの解釈としてはありかな、と。

「春」「ライン」もどこまでも朗らか。
鳴りまくる金管、ピッチピチのリズム。
比して木管はスカスカに聴こえるけど、これはシューマンの音をそのまま表出しちゃうからで、仕方なし。

しかし、さすがに4番はキツイ。
暴力的までな音圧にちょい引き。
他の曲ではまだ妥協できた彼の解釈も、さすがにこの曲(まさにファンタジーのかたまり)では「勘弁してくれ」と言いたくなる。

フィルアップの序曲はまあまあ。
ジュリアス・シーザーの峻厳さがちょっと「らしくなくて」ニヤリ。