デ・プロフンディス(=深き淵より)。2010/05/20 18:10:08

*ケーゲル/管弦楽小品集(ケーゲル/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団)
・アルビノーニ(ジャゾット編):アダージョ
・グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より“精霊の踊り”
・グリーグ:2つの悲しき旋律
・ヴォルフ=フェラーリ:歌劇「4人の田舎者」より間奏曲
・シベリウス:悲しきワルツ
・グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
・ムソルグスキー(R.コルサコフ編):歌劇「ホヴァンシチナ」第4幕間奏曲
・フランツ・シュミット:歌劇「ノートル・ダム」間奏曲
・レオンカヴァレロ:歌劇「道化師」間奏曲
・ファリャ:バレエ「恋は魔術師」より“火祭りの踊り”
・エルガー:威風堂々第1番
・ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ

昔から評判の高いケーゲルの小品集。やっと聴いた。

やはりアルビノーニのアダージョが圧倒的。
評判以上にコワイ演奏。身も世もないとは、まさにこのことか。
「悲しい」とか「憤り」とか言った概念すらここにはない。
絶望でさえ希望の対概念でしかないとすれば、ここにあるのは本当の無色透明の虚無。
主旋律の弦よりも、チェンバロとオルガンに耳を奪われる。
まるで鉛の棒を呑まされるように響く低弦。

気持ちゆっくりのテンポ、常に足元を「見えない何か」にわし掴みされているように不安げなフレーズ。

雨降りの出勤中に聴いて心危なくなるのだから、落ち込んで酒飲んでる時なんかに聴いたら、絶対あかん。
それくらい恐ろしい。

威風堂々のテンポ設定が異様過ぎる……しかしそれを必然であるかのように聴かせてしまう恐るべきケーゲル。(汗
繰り返される急加速と急減速。
普通なら、行進曲としてあるまじき姿。
でも受け狙いや効果を期待しているのではなく、何かに取り付かれたような鬼気迫る空気が支配する。
素っ気ないくらいサクサクと進む中間部。

サーカス・ポルカにおける「軍隊行進曲」の引用のグロテクスさ。
シニカルとはこういう事か。

他の曲も逸品。
特に2~5曲目で見せる透き通った美しさは、他では代えがたい。

通勤ミュージック~0906202009/06/24 01:29:52

*ブラームス&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲(ヌヴー、ドヴロウェン&ジュスキント/PO)、ラヴェル: ハバネラ形式の小品、スカラテスク:バガテル(ヌヴー、ジャン・ヌヴー)

言わずと知れた名盤……だけど初聴。
と言うか、ヌヴー自体が初聴。(汗
聴いたのはオーパス蔵。

個人的に、ヴァイオリニストは女性に好きな人が多い。
ムターしかり、キョンファしかり。
……ずいぶん対照的なタイプだけど。(苦笑

ヌヴーの演奏は、情熱への耽溺と旋律への清冽さが、矛盾せずに共存している。
両曲とも、カデンツァやアインガング(指ならし)ではむせ返るような熱気をそのままぶつけてくる。
でも、オケと合わすところでは決して放埓にならない。
ある種の「枠」の中で、きちっと引き締まった「うた」が奏でられる。

ブラームスの2楽章がまさにその典型。
ぴんと背筋の張った歌い方で、すごく心がこもっている。
ただ、3楽章はもう少し熱気のほうが前面に出ても……という感じがした。
イッセルシュテットとのライヴ盤(これまた有名)は、もっと「熱い」と言う人が多いので、いずれそちらも聴かなきゃ。

この音盤単体で言えば、シベリウスの方が名演かも。
何と言っても、先述した「熱気と知性の共存」がより高度に結晶化している。
この曲は、ボク的には「マイ初演」であるキョンファの録音を超えるものはいまだないのだけれど、それとは違う方向性、ということで評価大。

それこそキョンファだとほとんどケンカ腰というか、啖呵切るようにスリリングな3楽章も、腰を据えてじっくりと盛り上げていく。
一聴した時こそ、テンポ運びも含めて「大人しいかなぁ」なんて感じたのだけど、繰り返し聴くたびに、じわじわと熱を帯びながら終結へ向かう音楽作りの説得力にやられた。

フィルアップの2曲はコンチェルトとは違うヌヴーの一面が垣間見える感じ。
艶っぽいというか、色っぽいと言うか。
曲想に合わせてのことだとは思うけど、その違いもまた興味深い。

もう少し長生きしてくれたら、ステレオで名盤を残してくれたんだろうな……。
チャイコンとか聴いてみたかったなー。

通勤ミュージック~0905032009/05/03 23:44:02

*シベリウス:交響曲第1番、「カレリア」組曲(カラヤン/BPO)

カラヤンのシベリウス演奏は、作曲者自身が評価していたとのことだけど、いわゆる「寒色・北欧系」(?)の解釈とは一線を画しているのは明らか。
交響曲全集をとりあえず(苦笑)作るのがお得意のカラヤンだけど、なぜか3番の録音がないのが謎。

個人的には、カラヤンのシベリウスって嫌いではない。
後半の「難解」な曲(4~7番)の「マイ初演」がDGの録音で、特に4番や6番といった謎めいた曲を、ひんやりとした手触りをそのままの形で音にしたような彼の音盤で初体験できたことが「食わず嫌い」にならずに済んだ理由だ、と感謝しているから。
4~7番はEMIでもBPOと録音しているらしいので、いつかは聴いてもいいかな。

メジャーどころではやはり2番、ということになるのだろうけど、これはPO・BPOの音盤共に所有。
若々しい覇気のある前者、大柄な中、カラヤン美学に満ちあふれた後者とも、それなりに面白い。

翻って当音盤。
両曲とも唯一の録音らしい。
その意味ではカラヤンの中で「落ち穂拾い」的意図があったのだろうか?
なぜそんな事を思ったかというと、正直に言ってしまえば、シベリウスの音盤としても、「カラヤンのシベリウス」としても若干物足りないので。

まずは交響曲。
1楽章の劇性は期待通りで、Vn.やFl.のソロにもひっそりとした佇まいよりクールな目線が配されているのが「いかにも」なんだけど、それが全体を通してやり切っている感じにならない。
主部なんて、もっとドラマティックにやっていいのではないか。

2楽章も何だかよく分からないうちにフニャフニャ終わってしまう。
スケルツォも当然土俗性は一切なし。
かといって、BPOの威力を発揮するでもなく、淡々としている。

大泣きしない、フィナーレ冒頭の沈み込んだ感じはハッとさせられる。
ここは悪くない。
しかし、主部に入ると、意外にあっさり。
もっと曲とオケを自在にドライヴする感じなのかと思っていただけに拍子抜け。
コーダの壮大な幕切れは、ピッチカートに重い余韻があっていいけれど、何だかそれまでの表情とは解離しているようにも感じる。

うーん。
うまく言えないけど、「もっとカラヤンらしくてもいいのに!」と(珍しく)歯がゆく感じる音盤、とでも書けば伝わるだろうか。

「カレリア組曲」、この曲大好きなのだけど、これまた肩すかし。
もちろんカラヤンだから、鄙びた感じがないのは承知の上だけど、それにしてもアクが無さ過ぎる。
なだらかにしようと意識しすぎなのだろうか?

もちろん所々でキラキラとしたゴージャスさがかいま見えるのだけど、それがやや腰の重さにつながっている気もするし……。
それならそれで、ドイツの舞曲のように渋い肌触りに仕上げることも出来ただろうに、そこまでのごつさはない。

両曲ともに、残念ながらちょっと消化不良な感じ……。

ただ、これってもしかしたら音盤(ソフト)自体に問題があるのかもしれない。
何だか妙にダイナミックレンジが広すぎる録音で、交響曲の1楽章(弦の刻み)やカレリアの冒頭なんて、相当音を大きくしないと聞こえないほどやせた感じ。
かといって音量を大きくしたままだと、fのところでもの凄い圧迫感。

入手したのは国内盤の中古なんだけど。別盤で聴き直すと、印象変わるかも?

オーマンディのシベリウス。2008/11/21 00:55:38

*交響曲第1・2・5番、悲しきワルツ、トゥオネラの白鳥、フィンランディア

もちろんオケはフィラデルフィアで、レーベルはRCA。
メジャー曲ばかりの2枚組。

シベリウスというと、透明なサウンドこそ「正しい」みたいな風潮が昨今あるような気がするのだが、果たしてどうなんだろう。
もちろん、ベルグルンドのようにそちら側のアプローチで素晴らしい演奏を聴かせてくれるアーティストがいるのは事実で、だからこそ見えてくるシベリウス「らしさ」ていうのもあるんだろう。

ただ、作曲家自身がカラヤンやオーマンディのことを「自作の解釈者」として評価していたことを思うと、「寒色系の透明さ」だけで括るのもなぁ、という気も少しする。

まして初期の作品ならなおさらか。
このオーマンディの録音も、強引さやあくの強さこそないものの、実はテンポを大きく動かしたり、豊潤に(それこそ「温かく」)楽器を鳴らしてる。
もちろんそこに作為を感じさせないのが、さすがオーマンディというか、「シベリウスの枠」を超えない(=潰していない)解釈が、やはりこの作曲家には大事なのかなとも思ったりする。

交響曲の中では1番が一番良かったかな。
終楽章を過度にドラマティックに流れないようにまとめているのには感心する。
2番と5番も、もちろん好演。
ただ前者には強力な対抗馬が多いから。
セルの東京ライヴなんて、涙出るもん(というか、あれはオープニングのウェーバーからアンコールのラコッツィ行進曲まで全てを通して完璧なのだけど)。

5番は、上であんなこと書いときながらなんだけど、もう少し玲瓏な方が好みかな。(苦笑
終楽章のコーダを、「たっぷり」とか「ゴージャス」に聴かせる解釈はありだけど(というかそういう演奏の方が多いのか?)、あそこはむしろつつましく盛り上がることで、あの「しつこさ」(苦笑)が、実はそうでないということに気付くんだと思うので。
もちろんこのオーマンディの、耳に邪魔することなく鳴らしきった「暖色系」(笑)路線の解釈としては傾聴に値するし、満足度は高い。

「悲しきワルツ」はずいぶん速め。
あれ?という間に終わる。これはちょっと……。
対して「トゥオネラの白鳥」。
こちらはじっくりと歌い込まれた弦やイングリッシュホルン、そしてバスドラムが、「死の国」のイメージをほの暗く描いていて良い。

面白いのは「フィンランディア」。
演奏自体は、カラッと明るい感じで素直に仕上がってるんだけど、なんと合唱つき。
中間部と最後にでてくるんだけど、何だかそこだけ少し映画音楽みたいに聴こえてしまって、ちょっとこそばゆいというか小っ恥ずかしい。(苦笑

「1812年」は合唱付きでもそんなことないんだけどな。
……あ、あの曲は曲自体がスペクタルだからか?(苦笑