牛牛(ニュウニュウ)@浜離宮朝日ホール2019/07/17 22:26:38

6月26日の夜。

奥方がハマってるアニメ「ピアノの森」に出てくる中国人ピアニスト、パン・ウェイの演奏を担当しているピアニスト。

奥方が行きたい、とのことでじゃあせっかくだからお供すっか、と同行(箱が職場近くだから仕事後に行ったけど)。
アリス以外のピアニスト聴くとかいつ以来かしら。

曲は
メンデルスゾーン:ロンドカプリチオーソ
ショパン:即興曲第2番、第3番
同:ピアノソナタ第2番

ショパン:舟歌
リスト:ウィーンの夜会
シューベルト:即興曲第2番、第3番、第4番
ショパン:スケルツォ第3番

アンコールはショパンの革命、ワルツ遺作、リストのカンパネラ。

演奏は全体にかっちりしているというか、あまり即興性を感じさせないタイプ。
ソナタやスケルツォ、悪くはないんだけど平均点というか優等生というか……。

ただ、それなのに妙にオーバーアクションなんだよなぁ。
演奏の始めとか終わりとか特に。
空いてる片手で指揮してるみたいな振り(?)とか。

まあ自然と出てるのかもしれないけど、あまり好きじゃあない(苦笑)。
エキセントリックな演奏するタイプならまだ分かるんやけどね。
目につくというか鼻につく(苦笑)。

個人的にはショパンよりリストとシューベルトがハマった。
特に「ウィーンの夜会」は上記した「振り」も曲の粋というか、風雅にマッチしててOK。
演奏もインティメイトで好感。

続くシューベルトの即興曲も、ショパンより劇性を見せてくれてなかなかの熱演。
シューベルトのソナタみたいな内省的な曲が合うかどうかは難しいところだとは思うけど……。

アンコールはサービスし過ぎ(笑)。
革命に鐘とか、やり過ぎやんw

ワルツ遺作はそれまでとは打って変わってしっとりと、それでいて主情を滲ませてて佳演。

この感じでソナタも弾いて欲しかった、てのはアンコールあるあるか(苦笑)。

まだ22歳とのことなので今後に期待。
あのオーバーアクションも、コンチェルトとかならハマるのかなー。

……アリスたんに比べて辛口だなーw

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://unfinishedmelody.asablo.jp/blog/2019/07/17/9129945/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。