レヴァイン/CSOの惑星2020/01/03 23:19:51

まさかの1日後更新。
どうした? ちょっと飛ばし過ぎじゃあない?
とりあえずこれで2カ月分は稼いだってことにしとく?(苦笑)

まあ聴きグセ(というか消化グセ)がついているのは良きこと。

新年だし華やかに、ってわけでもないけど、レヴァイン/CSOの惑星をスコア見つつ鑑賞。

「惑星のベストワン!」なんていう声も多い盤だけど……。
うーん……、個人的にはちょい期待外れ。
土星と木星を昔吹奏楽で棒振った身としては、特にこの2曲がハマらないとダメなんだよなぁ。

もちろんシカゴ響、流石にバリバリ鳴ってる。
特に火星は凄まじく、とにかく鳴っている音だけで有無を言わせぬ説得力がある。
何ていうか圧倒的な「楽隊」の力だなー。

ただ敢えて言わせてもらうと「それだけ」って感じ。
木星もよく鳴ってるんだけど、そもそもテンポ操作が雑というか、サーっと流れて「ハイおしまい」って感じ。
後に何も残らない。

ちなみにこれ聴いた後(我慢出来なくて、苦笑)、ボールト御大の名盤(最後の録音)で木星聴いたけど……もう段違い!

「品格」みたいな抽象的な言葉で言うのは逃げかもしれないけど、ノーブルでジェントル、そもそも楽曲を完全に自家薬籠中の物としている。
テンポの出し入れが全部「かくあるべし」と言いたくなるようなハマり具合。
中間部の有名なあのテーマを、最初は控えめに始めつつ自然に熱を帯びさせる老練なワザ……完璧。

むしろレヴァイン盤で印象的なのは静かな曲の方。
金星とか海王星とか。
スコアを見てると複雑なパートそれぞれが混濁せずきちんと存在してる。
ハープやチェレスタの輪郭がすごく綺麗。
海王星のコーラスも。

ちなみに「惑星」、自分どのくらい持ってるのか調べたら多分以下の通り。

・カラヤン/VPO(カラヤンVPOboxの一枚。まだ火星しか聴いてない)
・バーンスタイン/NYP(正直レニーにしては印象薄い。木星が遅めだった)
・オーマンディ/PhO(オーマンディ20世紀boxの一枚。まだ聴いてない。汗)
・ボールト/LPO(言わずと知れた名盤。マイベストチョイス)
・小澤/BSO(図書館で借りてリッピング。全く印象に残ってない。苦笑)
・レヴァイン/CSO

正直「惑星」ってそんな面白い曲とは思わないんで、もうこれだけあれば十分かなぁ(苦笑)。

吹奏楽畑だから言うわけじゃあないですけど、ホルストなら「吹奏楽のための第1組曲」の方がよっぽど良い曲。
オケしか聴かない人にも聴いてほしい。

オススメはテラークから出ているフェネルとクリーヴランド管弦楽団管楽セクションの一枚。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://unfinishedmelody.asablo.jp/blog/2020/01/03/9197912/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。